GATTA(ガッタ) > Beauty > そのケア、間違ってるかも!? 美肌から遠ざかる「NGスキンケア」7選
beauty

そのケア、間違ってるかも!? 美肌から遠ざかる「NGスキンケア」7選

2019.07.18 22:00
出典: Shutterstock

美肌を目指して、パックや角質ケアなど定番であるスキンケアをおこなっている人も多いと思いますが、やり方を間違ってしまうと逆効果になってしまうことも……。せっかくの努力が無駄になってしまうのはもったいないですよね?

そこで今回は、ついついやってしまいがちなNGスキンケアとその解決方法を7つご紹介します。

1:基本のキ!洗顔&クレンジングのNG

何度も洗顔する

メイクや皮脂汚れなどを、しっかり落とすのは大切なこと。とはいえ、洗いすぎてしまったら、肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

一日に何度も洗顔したり、ゴシゴシ洗ったりすることなど、肌の刺激になりそうなことは避けましょう。

ぬるま湯だけの朝洗顔

ぬるま湯だけでの朝洗顔。実はこれもNGケアのひとつ。極度の乾燥などの肌状態によって一時的なケアとしては良い場合もありますが、1年中、洗顔をぬるま湯にするのは良いケアとはいえません。

朝起きたら洗顔料を使用し夜のうちの汚れを落とし、スキンケアでお手入れするのがベスト。洗顔料を使うと乾燥する、つっぱるなどの場合は洗顔料がお肌に合ってない証拠。洗顔料を使うのをやめるのではなく、お肌にあった洗顔料を探しましょう。

【おすすめ記事】
毎日の努力が水の泡かも !? 今すぐ見直したい NG&正解スキンケア
ぬるま湯での朝洗顔も!? 実は逆効果かもしれないNGスキンケア4つ
美肌をつくる「正しい洗顔」4ステップ(AD)

2:クレンジングが不十分

出典: shutterstock

“意外と見落としがち”の代表格であるクレンジング。美肌を目指すなら、クレンジングこそ重要なんです。

ポイントメイク専用のクレンジングを使って、アイメイクやルージュをオフするのが基本。そうすることでメイクがきれいサッパリ落ちやすく、美肌への第一歩を踏み出すことができます。

【おすすめ記事】
意外と見落としがち!大人こそ復習しておきたいスキンケアの基本のキ

3:強すぎるコットンパッティング

パッティングをしながら化粧品をつけることは、肌に刺激を与えてしまう可能性があるので控えたほうがよいでしょう。

ポイントは、手のひらで優しく包みむようにすること。コットンで化粧水をつけるという方も、擦らずにおさえるだけのコットンパックのようなイメージを心掛けてみてください。

【おすすめ記事】
お肌の乾燥を招く?ついついやりがちな「NGスキンケア」

4:角質ケア

肌トラブルを防ぐためには、古くなった角質は取り除いてあげる必要があります。しかし、角質は外部刺激からお肌を守るために必要なものでもあるのでケアをしすぎるのはNG!

美肌のために最適なケアは、古く不要となった角質のみを取り除くこと。「入念に角質ケアをしているのに、肌が荒れてきた……」という方は、ケア方法を見直してみてくださいね。

【おすすめ記事】
肌に優しい&優秀クレンジング!(AD)

5:NGマスクケア

マスク前のプレケア

意外と多いのが洗顔後、何もせずにシートマスクをお肌にのせているというパターン。まずは化粧水でお肌を整えてからシートマスクをのせるのが、美肌のプロの中ではもはや常識。

スペシャルケアをする前にお肌の準備をしてあげることが重要なんです。

早めにマスクを外すのがマスト

せっかくシートマスクを使って保湿するんだから、早めに外すなんてもったいない!という声が聞こえてきそうですが、そこは気持ちを抑えて早めの取り外すことをおすすめします。

その理由は、マスクが乾くまでお肌にのせてしまうと、かえって乾燥をまねいてしまうから。

【おすすめ記事】
今さら聞けない!? プロが教える正しい保湿マスクの使い方

6:美容だけを意識した食事

美白や美肌効果があるといわれている食材を食事に取り入れることは、美容にとってはとても大切なことです。しかし、そうしたものばかりを摂取するような栄養の偏った食事は残念ながら逆効果になってしまいます。

ビタミンなどの美肌に効果的な栄養素はもちろん、タンパク質や腸内環境改善に役立つ食物繊維など、バランスよく栄養を摂取することが大切です。

7:シャワーのお湯を直でかける

NGケアとしてだいぶ浸透してきましたが、まだまだやっている人の多いケア方法。クレンジング剤や洗顔剤を洗い流すときにシャワーのお湯を直接かけていないでしょうか。

髪や体を洗う温度設定のままだと温度が高すぎ、乾燥や赤みを招く可能性も。32~35度くらいのぬるま湯設定で、手でお湯をすくって優しくすすぎましょう。

【おすすめ記事】
敏感肌さんにおすすめのクレンジング(AD)

 

いつも何気なくおこなっているスキンケアですが、よかれと思って習慣化していたスキンケアがもしかしたら逆効果かもしれません!

美肌づくりのために一度、今のスキンケアを見直してみませんか。

 

【画像】
※ Aleksandra Suzi、Veles Studio、Lucky elephant、Aleksandra Suzi、 / Shutterstock、Misha Beliy / Shutterstock

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。