GATTA(ガッタ) > Hair > 実は逆効果!? 美容師が教えるNGヘアケア&正解ケア3つ
hair

実は逆効果!? 美容師が教えるNGヘアケア&正解ケア3つ

2019.07.12 22:00

普段のヘアケアで、少しでも髪の状態が改善した!と実感していますか?

美容師のナカイヒロキさんいわく、毎日ヘアケアをしていても髪の悩みが減らない人は、ヘアケアの方法が間違っている可能性があるそう。さらに、方法を間違うと逆効果になることも多いとのことです。

そこで今回はナカイさんに、多くの人がやりがちなNGヘアケアと正しいヘアケアを教えてもらいました。

NG1:髪の毛を自然乾燥させる

ドライヤーを使うと髪の毛が傷むと思って、自然乾燥させていませんか? 自然乾燥は髪と頭皮の両方に悪影響だといわれています。キューティクルが開いている状態が長く続くため、ダメージを受けやすくなるからです。

また、頭皮に水分がある状態を放置すると、細菌が繁殖しやすい環境になってしまうことも! 細菌が繁殖すると臭いの原因にもなるので注意しましょう。

正解は?

髪の毛は必ずドライヤーで乾かすこと! ドライヤーで乾かせばキューティクルが整うので、ツヤが出やすくなります。

シャンプー後はなるべく早く、ドライヤーで髪の毛と頭皮を乾かしましょう。

NG2:トリートメントを過剰に使う

髪がパサついているからと、トリートメントをたくさん使っている人もいるのでは? 実は“使えば使うほどよい”というものではないのです。たくさんつけても効果は変わらないので、使用量や頻度は各商品の説明を守ってください。

使用量のほかにも、自分の髪質に合うトリートメントを選ぶことがとても大切。ダメージが少ない人がハイダメージ用を使うと、逆に髪質が悪くなることがあるといわれていますよ。

正解は?

まず、自分の髪の状態に合うトリートメントを選びましょう。自分で選ぶのがむずかしいときは、担当の美容師さんに相談してみてくださいね!

使用量や使う頻度は各商品の説明を守り、それでも改善しない場合には美容師さんにアドバイスをもらいましょう。

NG3:洗ってそのまま髪を乾かす

タオルドライをしたあと、ケアアイテムは使っていますか? 「重くなる」といって、洗い流さないトリートメントを使わないという人は多いのではないでしょうか。

しかし、髪を乾かす前にケアアイテムを使わないと、熱のダメージを直接受けてしまうのでおすすめしません。

正解は?

ドライヤーやアイロンを使う前には、洗い流さないトリートメントを使用しましょう。軽いタイプや重たいタイプなど種類は豊富です。

髪が重くなるのが嫌だという人は軽いタイプを選ぶなど、自分の好みに合わせて選んでみてください。

 

髪の悩みが解消しないと感じている人は、ヘアケアを見直してみてくださいね。


【おすすめ記事】

誰でも続けられる簡単ヘアケア3つ

コスパ抜群の「オーガニック」ヘアケアアイテム(Sponsored)

「夜に仕込むべきヘアケア」3選

ノンシリコンとシリコン配合シャンプーの違いとは(Sponsored)