GATTA(ガッタ) > Hair > 2019年夏ショートヘア決定版!美容師おすすめのカラー&スタイル3選
hair

2019年夏ショートヘア決定版!美容師おすすめのカラー&スタイル3選

2019.07.13 21:30

この夏、ヘアカラーで変化をつけようと思っているショートヘアの方もいるのではないでしょうか。王道のブラウンカラーにするとしても、色の配合によって全く違うものになるので、悩んでしまいますよね。

そこで今回は、美容師のナカイヒロキさんに、ショートヘアの方におすすめのヘアカラーと、そのカラーに合うヘアスタイルを紹介してもらいました。

ブラウンカラーの今のトレンドは、ほかの色味を混ぜたもの! グレーやアッシュを混ぜたカラーが人気なんだそうですよ。

1:マットブラウン×ショートヘア

いまイチオシなのがマットブラウン! マットの色味が日本人に多い髪の赤みをおさえてくれるためやわらかく、ツヤツヤに見せてくれるカラーです。

このヘアカラーの場合は、髪を巻かず乾かしてストレートのままでもサマになるようにカットするのがポイント! 耳周りや襟足は短くスッキリしつつも、髪の表面は長めに残すことでやわらかさを残しつつスッキリとしたショートヘアになります。

スタイリングは髪の根元から表面に向かってツヤ出しワックスをもみ込めば完成。スタイリングが苦手な人でも簡単に再現できます。

2:ブランジュ×ショートヘア

ブラウンとベージュの色味を混ぜたカラー“ブランジュ”。ツヤ髪に見せやすいのがこのカラーの特徴です。

カットではサイドの髪を切りすぎないよう、耳掛けができるくらいの長さを残しましょう! 耳掛けするとスッキリした印象になり、そのままだと丸みのあるかわいらしいシルエットに。

さらに襟足を短くすると、やぼったく見えず、こなれた雰囲気になります。

25ミリのコテで毛先をワンカール巻いてセット。そのあと、全体にワックスをもみ込めば完成です。

3:ハイライト×ショートヘア

夏にぴったりのヘアカラーの代表が“ハイライトカラー”。ショートヘアとハイライトカラーは相性が良いんです。

やわらかさと立体感を出してくれるため、おしゃれ感抜群。また、一色のカラーよりも、明るいヘアカラーを楽しむことが可能。

カットは、髪の表面を長めに残すと、ハイライトをきれいに入れやすくなります。

スタイリングは毛先を巻いて後ろに流してあげれば完成です。

 

ショートヘアの方は、黒髪で重く見えるというお悩みを抱えがち。この記事を参考に、さまざまなヘアカラーを楽しんでくださいね!


【おすすめ記事】

次に染めるならコレ!おすすめヘアカラー7選

コスパ抜群の「オーガニック」ヘアケアアイテム(AD)