GATTA(ガッタ) > Beauty > 目指せ毛穴レス!つるツヤ美肌をつくるスキンケア&おすすめアイテム
beauty

目指せ毛穴レス!つるツヤ美肌をつくるスキンケア&おすすめアイテム

2019.07.17 22:00

汗や皮脂の分泌が盛んになり毛穴詰まりが気になる夏。毛穴ケアを怠ってそのまま放置してしまうとイチゴ鼻へとまっしぐら……なんてことも。

ブツブツと目立つ毛穴汚れに悩まないためにも、夏の毛穴ケアは大切ですよね。

今回は、洗顔の正しい方法からおすすめアイテムまで、毛穴レスに近づくためのケア方法をご紹介します。

毛穴レスを目指す洗顔法

ポイント1:スチームタオル&泡洗顔

メイククレンジングでしっかりメイクオフしていても、寝ている間に分泌された皮脂によって皮脂詰まりが起こることも。皮脂詰まりが気になりだしたタイミングで朝の洗顔前にスチームタオルをしてみましょう。

ポイント2:洗顔料は逆さにしても落ちないくらいの濃密泡に

美肌につながる洗顔法のキーは泡!キメ細かい泡で洗顔することは、美肌を作る非常に重要なポイントになります。

【もっと詳しく】
これだけで差がつく!? 美肌さんがやっている夏の毛穴ケア
隠れ敏感肌さんにおすすめクレンジング&洗顔料(Sponsored)

夏こそ大切!パック&保湿

ポイント1:コットンパックで予防ケア

保湿がしっかりできていれば毛穴詰まりで悩むことは少ないはずです。そこで使えるテクニックがコットンパック。

普段使用している化粧水をコットンに含ませ毛穴が気になる部分にのせるだけで簡単にケアができます。

ポイント2:やりすぎケアはNG

毛穴の皮脂詰まりが気になるからといってピーリングなどの毛穴ケアをやり過ぎることはNG。必要な皮脂まで落としてしまうと、かえって過剰な皮脂分泌を起こしまうことも。

意外とやっちゃう!? NGベースメイク

毛穴レスな肌に近づくために大事なベースメイクを手抜きしてしまっていると、毛穴の目立つ汚い肌に……。

NG1:おざなりなスキンケアは乾燥のもと!?

ベースメイクをはじめるに、大切なのは肌のスキンケア。この工程をおざなりにすることで乾燥によって毛穴が開いてしまうので、せっかく塗ったファンデーションも粉ふきなど、後々悲劇を呼んでしまうことも。ベースメイクの前に軽く洗顔をし、たっぷり化粧水を塗って肌にうるおいを与えましょう。

NG2:化粧下地を塗らずにファンデーション

スキンケアができたところで、すぐにファンデーションを塗るのはNG。ここで、カバー力のある化粧下地を塗ることで、毛穴を隠すことができますよ。

ファンデーション自体にカバー力があるようなら、日焼け止めなどでも良いので、ファンデーションを塗りやすくなるよう、化粧下地として役立つアイテムを投入しましょう。

【もっと詳しく】

毛穴レスな陶器肌になるには?やってはいけない「NGベースメイク」3つ
これだけで差がつく!? 美肌さんがやっている夏の毛穴ケア

室内でもしっかりUVケア

夏は室内でもUVケアを怠らないことが大切。紫外線(UV-A)は真皮層まで届くと考えられており、肌のハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチンなどへダメージを与えます。1日室内にいるという日も気を抜かずケアしましょう。

おすすめ毛穴ケア商品

おすすめ1:毛穴汚れをオフ&肌にうるおいを与えるパック

毛穴ケアで大切なポイントの一つが、毎日しっかりと汚れを落とすことです。このパックはハトムギ種子エキスやプラセンタエキス、ヒアルロン酸などが配合されており、むしろ使うことで肌にうるおいを与えてくれます。

おすすめ2:黒ずみ毛穴を目立たなくするシートマスク

毛穴の汚れをオフしたら、シートマスクで保湿をしっかり行いましょう。キメが整って、毛穴自体が目立たなくなります。

おすすめは『美肌の貯蔵庫 根菜の濃縮マスク 宇陀金ごぼう』(10枚入790円)。使い続けることでやっかいな黒ずみ毛穴が目立ちにくくなり肌表面がなめらかになった気がします。

【もっと詳しく】
全部1,500円以下!毛穴レスな美肌を目指す「スキンケアグッズ」3つ
誰でも続けられる簡単ヘアケア3つ(Sponsored)

 

スペシャルケアで毛穴の角栓を除去する方法は一般的に知られていますが、その前に“防ぐ”ケアを行うことが毛穴トラブルに繰り返し悩まない美肌の秘訣。

この夏、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

【画像】
※ Pangaea / PIXTA(ピクスタ)