GATTA(ガッタ) > Fashion > 定番アイテムをアップデート!今っぽい「オフィスカジュアル」の着こなし術6選
fashion

定番アイテムをアップデート!今っぽい「オフィスカジュアル」の着こなし術6選

2019.06.25 22:00

雨が降ったり、ちょっと寒いと思ったら気温があがったり、雲行きが怪しくなってきたり……この時期のオフィススタイルは、どの組み合わせが正解か悩みますよね。

それに、オフィスカジュアルスタイルは、毎年同じような雰囲気だから、楽しみ甲斐がない……と思っている方もいるかもしれません。

そこで今回は、この時期のスタイリングの参考にしてほしい、1点投入でこなれる“オフィスカジュアルの着こなし術”をご紹介します。定番のアイテムも今っぽい色や素材、組み合わせをすればいつもと違った雰囲気に!

1:ド定番「ジャケット」+半パン

2019年春夏トレンドは、断然“ジャケット”! 特に、おしゃれ上級者さんの間では、白でまとめるのが流行っているんだとか。

同じくトレンドの“半パン”を利用して、おしゃれ感度を高くしてみましょう。半パンは、写真のようにスニーカーにも映えますし、ヒールと組み合わせたら、一気に品のあるスタイリングに。

ジャケットはびしっと決まりすぎるから苦手……という方は、今年らしく半パンと組み合わせるのがおすすめです。

2:ハリ感のある「Tシャツ」×アースカラー

2019SSのキーカラー“落ち着いて赤みがかっているアース系”。どんな色のジャケットでもこなれた雰囲気がでるので、ぜひ試してみて。特に、茶トップスは知的で落ち着いた雰囲気になります。今年1枚はゲットしておきたいアイテムです。

少し肌寒い日は、コーラル系のジャケットを着るのもよし、同色系のアースカラーの朝のジャケットを着るのでもいいですよ。

3:「ボウタイブラウス」×フェミニンムード

オフィスカジュアルでもファッションの自由度が利くのが、ボウタイブラウス。ボウタイブラウスの大きなリボンがアクセントになり、存在感があるので、ボトムスはちょっと地味でも問題ありません。

特にボウタイブラウスの色を選ぶときにおすすめなのが、流行の白やピンク系のようなクリーンかつ、フェミニンなカラー。礼儀のあるスタイルながら、ファッショナブルな雰囲気を演出できます。

4:ミドル丈「羽織り」+ミニ丈ボトムス

梅雨の時期は、急に寒暖差が激しくなりますよね。ミドル丈の羽織りは、こんなときに重宝します。

特に今年は脚を思い切って出したスタイルが吉。ミドル丈にハーフパンツやミニスカートを合わせれば、80’の雰囲気を演出する最旬スタイリングが完成します。

5:「ノースリーブ」×ネイビー

夏の定番といえば、ノースリーブの洋服。同じ肌見せでも、上品かつ知的にみえるネイビーがオフィススタイルにはおすすめです。

さらに首元は、ネックレスでアクセントをつけてみましょう。カジュアルらしさを打ち消し、よりドレッシーな雰囲気に。

6:ペールカラー「シューズ」×シースルーデザイン

旬なデザインで1足は欲しいのが、“シースルーデザイン”のシューズ。ビビットな色よりも、ピンク・ライトブルー・ベージュのようなペールトーンカラーにすると、グっと今っぽく。

さらに洋服と同色系にすると、抜け感が出て、コーディネート全体にまとまりがでますよ。

 

アイテムはどれも毎年定番のもの。ただ、色やデザイン、素材に今年らしさをプラスすることで、毎年違ったオフィススタイルを楽しめますよ。ぜひ参考にしてみてください!

【おすすめ記事】

夏の強い味方!定番「白Tシャツ」の着回しコーデ7選

コスパ抜群の「オーガニック」ヘアケア(Sponsored)

【2019夏】これ着ればOK!最旬トレンド「水着」5選

「差がつく」大人のヘアケアとは?(Sponsored)

【画像】

※ Creative Lab 、 Bruno Arena Fotografie、Tinxi / Shutterstock.com