GATTA(ガッタ) > Bodymake > 「美しさのカギは、何を食べないか」管理栄養士に聞く食生活の見直し方
bodymake

「美しさのカギは、何を食べないか」管理栄養士に聞く食生活の見直し方

2019.07.04 19:00

夏になると肌の露出が増え、いつも以上に自分の体型が気になりますよね。だからといって、「野菜しか食べない」「1日1食にする」といった急激なダイエットは体調が悪くなったり、ストレスでリバウンドしてしまったりすることも……。

今回はライフスタイルブランド『emmi』主催の『国際ヨガデー』のイベントに登壇した、管理栄養士、アーユルヴェーダ講師、『THE_B』のスーパーバイザーとして活躍する岡清華(おか・さやか)さんに、美しい身体をつくる食生活のコツを伺いました。

岡さん自身、過去に過度なダイエットで身体を壊した経験があるそう。しかし、食生活を見直したことで、自分自身をコントロールできるようになったと言います。果たして、どのようなライフスタイルに変えていったのでしょうか。

同イベントに参加したヨガインストラクターの里見茜さん記事はこちら

食に振り回され苦しんだ学生時代

管理栄養士やアーユルヴェーダ専門家、そしてヨガインストラクターと、一人で何役もこなす岡清華さん(画像右)。「15歳のときにダイエットに目覚めた」と言います。

出典: emmi

「私は骨太で筋肉質。当時ガリガリの細いモデルさんが流行っていたけれど、そういう人に自分はなれないと割り切り“健康的”に痩せようと決意しました」それがなんと15歳のときのこと! 会場では驚きの声が上がりました。

「朝5時に起きて、1時間ランニング。そのあと学校に行って、帰ってきたら今度は当時流行っていた『ビリーズブートキャンプ』を見てトレーニング。さらに夜には1時間ランニングをする……加えて、食事はオイルフリーを意識! そんな風に体を絞ることに徹底した生活を送っていたんです」

しかし、ストイックな毎日を続けていたら、体脂肪率がなんと9%。さらには、生理もこなくなってしまったんだとか。

出典: emmi

身体を壊してしまったタイミングで、ちょうど管理栄養士の国家試験を取る大学に入学。管理栄養士の勉強をしながらも、「心と身体がつながっていないような気持ち」を常に抱えていたそう。

「痩せなきゃいけない、でも太る、でも甘いものを食べたい……」と、とにかく食に振り回されていたんだとか。大学を卒業してもなお自分の中で解決できていない食の疑問の答えを探すべく、たどり着いたのが『アーユルヴェーダ』だったそう。

何を食べるかではなく「何を食べないか」が大事

「食事の視点から自分を観察することで、自分自身のことが理解できるように! 身体を自分の思い通りにコントロールできる感覚が快感でした」

出典: emmi

今まで“何を食べるか”に固執していたと話す岡さん。『アーユルヴェーダ』の思想を通して、それ以上に“何を食べないか”が大切なんだと気づいたそう。

生活をする上で食品添加物やお酒など、消化にあまりよくないもの・身体にあまりよくないものを食べざるを得ない場面は多々あるはず。それをむやみに避けるのではなく、それをどう消化(デトックス)するかに焦点を置くと、より食生活が充実すると言います。

「きれいに布を染めるには一度漂白する必要がある」という例えが『アーユルヴェーダ』の思想にあります。いい栄養を取ろう、いい栄養を取ろう……とするだけでなく、自分によくないものを身体に取り込んだ場合、それをどう消化(デトックス)するかを考えることが大切なんです。

岡さん監修スペシャルレモネード

出典: emmi

イベントの最後には、今回のためだけにつくられた、岡さん監修のスペシャルレモネードが登場。ドリンクには珍しい透き通ったきれいなブルーが印象的でした。通常のレモネードよりも少し酸味が強く、汗をかいた後にぴったりな味わい!

ちなみに、レモネードには、岡さんイチオシのアラスカ氷河の水『クリアアラスカングレイシャル』と、最高級生はちみつ『オーロラハニー』を使用。『クリアアラスカングレイシャル』は岡さん自身2年ほど飲み続けているお水なんだそう。

自分で選択する能力がつくカフェ「THE_B」

そんな岡さんがプロデュースする表参道にあるオーガニックカフェ『THE_B』が、2019年6月25日(火)にリニューアルオープン。岡さんこだわりの『アーユルヴェーダ』の思想を取り入れた、ライフスタイルに溶け込むカフェです。

「何を食べないか」判断できるように、ランチのみ“デリスタイル”を採用。消化に適した量、消化に適したバランスを自分で選択できます。『THE_B』で自分に適する量とバランスを見極める“消化力”を養い、自分のライフスタイルの中でもそういった選択が日常的にできるようになるのがゴール。

どの食材をどれくらいとればいいのかが簡単にわかるので、バランスのいい食事が必然的に叶います。食べた後はお腹がいっぱいで満足感があるのに、なんだか身体は軽い感覚を体感できる、消化にいい食事をとることができますよ。

また、『THE_B』では朝と夜の2回、ヨガレッスンを開催。仕事の前後に通いやすくうれしいですよね。『emmi yoga』がサポートするこのヨガ事業は、心と身体の消化力を高める為にスタートしたんだとか。定期的にヨガを取り入れることで、摂取する食事を消化吸収しやすく、より良い食事の効果も得られやすくなるようです! 店内では、『emmi yoga』の最新ウェアを手に入れることも可能。

さらに、『THE_B』は、ドリンクやフードの量り売り&パッケージフリーを推奨。これからの時代のキーワードである“エシカルエコ”の考え方で、マインドの美しさも養うことができます。

「これを食べたら太りそう」「このランチのカロリーはどれくらいだろう」と、食に振り回される生活には終止符を。何を食べるかよりも、食べたものをどう消化(デトックス)するか……思考を転換するだけで、食生活がより充実するはず。

自分の“消化力”を知るために、まずは『THE_B』に足を運んでみてはいかがでしょうか。

【店舗詳細】
THE_B(ザビ―)
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-6-16 スズカタビル1階
TEL:03-6805-0587
営業時間:9:30~21:30(21:00 ラストオーダー)
ランチ 11:30~15:00(なくなり次第終了)
ヨガレッスン(※要予約):朝 8:00~9:00(月~金)/ 9:00~10:00(土日)
夜 20:00~21:00(水~土)
定休日:年末年始

【おすすめ記事】

今注目を集める「マインドフル」な休日の過ごし方とは

べたつく夏にぴったりの「ボディソープ」(Sponsored)

まだ間に合う!「カルディ」で買えるヘルシーおやつ3選

洗いながら保湿ケアできるボディソープ登場(Sponsored)

【画像提供元】
emmi / PhotographerHitomi Fukuda