GATTA(ガッタ) > Hair > ばっさり切るのは嫌!絶妙に今っぽい夏向けボブ・ロブヘア8選
hair

ばっさり切るのは嫌!絶妙に今っぽい夏向けボブ・ロブヘア8選

2019.06.20 22:00

夏に向けて髪をばっさり切りたい!と考えているロングヘアの方は多いのではないでしょうか。けれど、いきなりショートヘアやボブにするのはなかなか勇気が出ない……と足踏みしていませんか?

そこで今回は、ばっさり切るのはまだ勇気が出ない方のために、“肩につくかつかないか”の長さの髪型をご紹介します。肩につくくらい長さがあれば、ヘアアレンジやパーマの幅も広がりますね。

1:ぱっつん前髪×外ハネロブスタイル

ボブスタイルだと今は少し長めの“ロブスタイル”がおすすめ! ロブとはロングボブ(長めのボブ)の略語で、ミディアムヘアのなかでは、重ためのシルエットです。ボブスタイルと比べて、ロブスタイルはかっこよくクールな印象に仕上がります。

20〜30代前半の女性には、外ハネにスタイリングするのが人気です。やり方は髪を乾かしたあとに毛先をストレートアイロンで外ハネにして、ツヤ出しのワックスを馴染ませればOK! ロブスタイルは、髪を結ぶこともできるのでヘアアレンジを楽しむこともできます。

【もっと詳しく】
イメチェンしたいならコレ!美容師おすすめ最旬ショート&ボブヘア3つ
香り華やか!きしまないボタニカルシャンプー(Sponsored)

2:前髪なし×外ハネロブスタイル

次にご紹介するのは、“前髪ナシ×外ハネロブ”。ロブは前髪アリとも相性はいいのですが、前髪ナシのスタイルだと、すこしクールでおしゃれな雰囲気に。

外ハネのニュアンスパーマと合わせて、カジュアルに仕上げると、こなれ感が出るのでおすすめです。

3:うざバング×大人カジュアルパーマ

“うざバング×大人カジュアルパーマ”のミディアムヘアは、ナチュラルな雰囲気に。

重ためのシルエットに表面と顔まわりにレイヤー(段)を入れることで大人っぽくなります。また、パーマはくしゃっとした、くせ毛のようなスタイルでカジュアルさを出しています。

このスタイルで前髪アリだとフェミニンすぎるスタイルになり、逆に長すぎると大人っぽくなりすぎてしまうので、鼻上くらいの長さの“うざバング”に仕上げるのがこなれ感のコツです。

適度に崩したスタイルなので、どんなテイストの方も似合いますよ!

【もっと詳しく】
前髪で印象変わる!ミディアムヘア前髪アリナシ別おすすめスタイル4選

4:切りっぱなしロブヘアスタイル

ここ最近はボブのトレンドが続いています。その中でもおすすめなのが、“切りっぱなしロブヘアスタイル”。

鎖骨ラインにかかる髪が女性らしさを演出します。長さがあるので、自分でも巻きやすくアレンジの幅が広がりますよ。肩にあたって、自然と外ハネに仕上がりますので、朝のアレンジの時短に繋がるのもうれしいポイント。

5:レイヤーミディアムヘア

これまで重めのスタイル人気が高かったのですが、軽めのヘアスタイルがついにトレンドになってきました。

すでにレイヤーミディアムを取り入れている芸能人もいますし、重めの時代の終わりを感じさせるこちらのスタイルは、ファッションにこだわっている方は本当におすすめです。とってもオシャレに見えますよ。

レイヤーを入れることで、毛先に動きが出て、スタイリングで出すのが難しい毛束感も自由自在。ヘアアレンジをしなくても、おろし髪でかわいい髪型です。

【もっと詳しく】
美容師おすすめ。この夏チャレンジしたい最新ヘアスタイル3選

6:ミディアムセミウルフカット

秋冬の重ためのヘアスタイルから変化が欲しい人には“セミウルフカット”がおすすめ! 重さは残しつつも顔周りと表面に短いレイヤーを入れることで、軽やかな印象に。

髪の毛に動きやボリュームが出やすいのもポイントです。

【もっと詳しく】
【2019年最旬】プロ厳選のおすすめトレンドスタイル3つ&スタイリングのコツ
ノンシリコンとシリコン配合シャンプーの違いとは(Sponsored)

7:オン眉×切りっぱなしボブスタイル

若々しさやおしゃれさを強調したいときは、“オン眉×切りっぱなしボブスタイル”がおすすめ。

前髪を眉上の長さにすると、おでこが広く見える分、顔のパーツの中心が下がって見えます。すると、幼く若々しい印象に仕上げることができますよ。

また、切りっぱなしボブはストレートヘアとの相性抜群。ざくっと切ったような雰囲気が、ストレートヘアだと演出しやすいので、あえて何もヘアアレンジせず、そのままのシルエットを楽しみましょう。

個性的でファッショナブルな印象にみせることもできるので、おしゃれが好きな方にもおすすめです。

8:サイドパート前髪×ワンカールロブヘアスタイル

“かっこいい”を演出したいときはセンターパートがおすすめですが、優しくフェミニンな印象に仕上げたいときは“サイドパート”にするとよいでしょう。髪色はふんわり柔らかいベージュカラーがおすすめ。

さらに、華やかなウェーブを加えることで、女性らしさをますますアップさせることができるので、色っぽい大人女子の雰囲気を演出できるはず。

【もっと詳しく】
印象が180度変わるかも!ファッションのタイプ別「似合う前髪」4選

 

髪の毛を短くしたいけど、そんなにばっさり切る勇気が出ない……という方におすすめなボブ、ロブヘアスタイル。この夏、お気に入りのヘアスタイルを見つけて、イメチェンしてみましょう!

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。