GATTA(ガッタ) > Fashion > 【2019年最旬】この夏選ぶならコレ!1枚でおしゃれにみせるワンピース6選
fashion

【2019年最旬】この夏選ぶならコレ!1枚でおしゃれにみせるワンピース6選

2019.06.10 20:30

日差しがだんだんと強くなって、夏本番もすぐそこ。そんな夏の必須ファッションアイテムは、一枚でおしゃれに見せる“ワンピース”。サッと羽織るように着られるので、楽ちん&涼しげで暑い夏にぴったりです!

そこで今回は、着るだけでおしゃれに見える、最旬夏ワンピースをご紹介します。

1:やわらかなシルエット「パフスリーブ×ドット柄」

ドット柄は、ワンピース初心者にぴったりの柄。特に白地×黒のドット柄はベーシックな紺と違って、夏らしい爽やかな雰囲気を演出してくれます。

少し大きめなドット柄を選ぶと、個性的な印象に。小さなドット柄は上品な印象に仕上がるので、今の気分にあわせて選んでみてください。

2:今季大注目のトレンド「超ロング丈」

超ロング丈ワンピースは、着るだけでシルエットに躍動感が出て、颯爽とした雰囲気を演出してくれます。

特に今年はアースカラー系が流行しているので、深いオレンジや赤茶系、茶色などの色を選ぶと、よりこなれ感が出るでしょう。

3:大胆な肌見せは黒で引き締める「シースルー×ミニ丈」

涼しげな雰囲気をまといたいなら“シースルー”素材がおすすめ。黒のシースルーだとクールにきまりますね。

また、黒のシースルーに合わせるボトムスは、ミニ丈や短パンなどがイチオシ。大胆な肌見せを、黒でクールに引き締めてみてはいかがでしょう?

ミニ丈に抵抗がある方は、ボトムスにデニムを持ってくると60‘S風な着こなしに。

4:やわらかい印象に「アースカラー×ワントーン」

涼しげなノースリーブにアースカラーの細かい模様が入ったワンピースで、やわらかい印象をつくりだしましょう。

今年トレンドのアースカラーはAラインを選ぶと、こなれ感が出ておしゃれ上級者に。

小物は寒色のバッグを取り入れて、視覚にメリハリをつけましょう。

5:カジュアルに着こなす「ブラックカラー×ワントーン」

ブラックワンピースは、大人の雰囲気がグっと増しますね。靴をサンダルでなく、同色の紐靴で合わせて、モードな雰囲気に。

胸元の開いたロングのブラックドレスはカジュアルな麦わら帽子などの小物を取り入れればフォーマルに見えず、日常着として重宝します。

ロングワンピースには、サンダルなどで抜け感を出すと固い印象に見えませんよ。

6:洗練されたかっこよさ「民族調×女性らしいシルエット」

2019年に流行しているワンピースのひとつ、“民族調デザイン”。

ビッグシルエットのものよりも、自身の体型にちょうど良いシルエットのものを選ぶことで、野性的なイメージを打ち消し、おしゃれとしてワンランク上の楽しみ方ができます。

この夏1枚は持っていたいワンピースですね。

 

暑いからといって、適当にコーディネートするのはもったいないです。1枚で様になるワンピースを着て、暑い夏もおしゃれに楽しみましょう。

【おすすめ記事】

大人のための「きれいめスニーカーコーデ」5選

コスパ抜群の「オーガニック」ヘアケア(Sponsored)

ファッショントレンド大予想【2019年春夏】

「差がつく」大人のヘアケアとは?(Sponsored)

【画像】
※ Mauro Del Signore、 The Style Stalker、 Luchino、Twocoms、sama_ja / Shutterstock.com