GATTA(ガッタ) > Interior > 同じ部屋もこんなに見違える!「狭い部屋を広く見せる」画期的アイデア6選
interior

同じ部屋もこんなに見違える!「狭い部屋を広く見せる」画期的アイデア6選

2019.06.06 20:30

住まいの悩みで多いのが、「部屋が狭く感じる」というもの。せっかく自宅でくつろぐときは、広々と感じる空間でリラックスしたいですよね。

今回は、そんなお悩みを解決する、狭い部屋をすっきりみせるためのアイデアを6つ紹介します。

1:生活感のあるものを隠す

まず、生活感のあるものを出しっぱなしにしないことが大切。

生活感のあるものが目に入るだけで、部屋はごちゃごちゃした印象になり、狭く見えてしまいます。

きちんと定位置を決めて、見えないように収納するようにしましょう。

出したままにしておいたほうが便利なものはカゴにまとめ、インテリアの一部にすることで、生活感が出にくくなり、部屋をすっきり広く見せることができます。

【もっと詳しく】

狭い部屋をすっきり広く見せるアイデア4つ

プロがおすすめする便利お掃除グッズ3選(Sponsored)

2:背の低い足付きの家具を選ぶ

背の低い家具を選ぶこともおすすめ。

背の高い家具は、収納量も多くなるため、一見部屋をすっきり広く見せることに貢献してくれそうですが、背の低い家具に比べて圧迫感は避けられません。ほかにも、床の見える面積を多くすることも効果的。

足付きの家具は、床の見える面積が増えるため、さらに部屋を広く見せることができます。

【もっと詳しく】

狭い部屋をすっきり広く見せるアイデア4つ

隠れ敏感肌さんにおすすめクレンジング&洗顔料(Sponsored)

3:インテリアは壁面やつり下げアイテムを取り入れる

インテリアとして飾る雑貨は、場合によってはごちゃごちゃした印象になってしまい、部屋を狭く見せてしまうことも……。

壁面を使ったインテリアをおすすめします。ポスターやアート、ファブリックパネルなどの壁面を使ったインテリアは、部屋のスペースを狭めることなく、おしゃれな部屋づくりを叶えてくれます。

また、つり下げるインテリアを取り入れることも◎。モビールやドライフラワーをつり下げて飾ることで、空間に奥行きが生まれ、部屋を広く見せてくれる効果が。

【もっと詳しく】

狭い部屋をすっきり広く見せるアイデア4つ

迷ったならコレ!肌に優しい優秀クレンジング(Sponsored)

4:部屋の中央にスペースを空ける

たとえば、写真のようにリビングにソファテーブルは置かず、中心のスペースを空けてみます。また、その他の家具もできるだけ壁側に寄せるとよいでしょう。

もちろん、床に置きっぱなしや出しっぱなしも、できるだけないように心がけること。部屋の中心にモノがないだけでも、だいぶ広く見える効果があるはずです。

【もっと詳しく】

収納のプロが教える「インテリア」3つのコツ

べたつく夏にぴったりの「ボディソープ」(Sponsored)

5:必要以上に収納家具を増やさない

モノが増えるとつい収納家具を置くことで解決しようとしてしがちですが、家具があると、当然ながらそれだけスペースが圧迫されてしまいます。

リビングの収納家具はこのキャビネットとテレビ台だけでも十分スペースが余るほどなのでこれ以上増やす必要はありません。まずは収納家具を次々と買う前に、モノの量はもっと減らせないか、また造り付けの収納ももっと活かせないか、一度考えてから検討してみるのがおすすめします。

【もっと詳しく】

収納のプロが教える「インテリア」3つのコツ

隠れ敏感肌さんにおすすめクレンジング&洗顔料(Sponsored)

6:人別にゾーニングを決める

続いて、収納がなくモノが溢れて部屋が狭く見えてしまっているパターン。

どこを誰がどのくらい使っていいという線引き=“ゾーニング”を決めましょう。

・まずエリアごとに、誰がなにをする場所かのゾーニングを決める
・決めたゾーニングにできる限り収まるようにモノの量を調整する(できる限り手持ちの家具や造り付け収納を活用)

そこにどのくらい収めることができ、どのくらい溢れてしまうのかを把握してみることが大事です。

【もっと詳しく】

コンパクトな家の収納のコツと考え方

ノンシリコンとシリコン配合シャンプーの違いとは(Sponsored)

 

部屋が広くなると、心にも余裕ができて快適な生活を送ることができます。

ぜひ実践してみてくださいね。