GATTA(ガッタ) > Interior > ラク家事を叶える!ニトリ・無印・ダイソーの「ワザあり洗濯グッズ」3選
interior

ラク家事を叶える!ニトリ・無印・ダイソーの「ワザあり洗濯グッズ」3選

2019.05.18 21:30

カラッとした快晴の日は、洗濯物もよく乾いて気持ちが良いですね。

しかし、洗っても洗っても、またすぐ翌日にはたまってしまうのが洗濯物。息つく暇のない毎日の家事の一つである洗濯は、できるだけスムーズに手間を減らして片付けたいものです。

そのためには、洗濯周りのグッズを見直してみるのも一つの手。今回は、手間を削減してくれる、ひと工夫のある“おすすめの洗濯グッズ”をインテリアコーディネーターのsumikoさんがご紹介します。

1:干す時も取り込む時も!ストレスフリーのピンチハンガー

丈夫で錆びにくく、お手入れも楽なピンチハンガーといえばステンレス製。たくさんのブランドで取扱いされていて人気ですね。

大きさやお値段もさまざまなステンレスハンガーですが、なかでもニトリの『オールステンレス角ハンガー プラタ』は、広げる時にピンチが絡まりにくい”リング付きピンチ”なので、洗濯物を干すときもスムーズ。

ピンチの間隔も狭くても絡まりにくいので、これ1つでたくさんの洗濯物を干すことができます。ピンチの開閉が固すぎないので、洗濯物を挟みやすくて、取り込む時は引っ張れば一気に外せる点も気にいる方が多い商品です。

2:裏返しでもOKなファスナー付き洗濯ネット

少し前にリニューアルされた無印良品の『洗濯ネット』は、“ネットが裏返しのまま洗濯物を入れてしまったとき”でもそのままファスナーが閉められる、リバーシブル仕様。

悪目立ちせず、大きさがひと目でわかるシックな色違いのロープ付きで、ぶら下げて収納しやすく、お目当てのサイズのものがすぐに手に取れます。

3:洗って干すのもOK!ダイソーの収納グッズ

これからのシーズン、カジュアルファッションで活用する方も多いのが、”フットカバー”。

しかしこのフットカバー、洗濯機の中や収納の中で丸まってしまうため、裏返しになったり行方不明になったりしやすいですよね。

けれど、ダイソーの『パンプスソックスハンガー』があれば大丈夫。洗うときに、フットカバーをはめてからネットに入れて洗濯機に入れれば、形状を保って洗うことができ、なおかつフック付きなのでそのまま干すこともできます。

さらにフックを折りたためばそのままスッキリと収納もできるので、履くときもスムーズ。

 

洗濯に使うグッズもこうして便利なものを利用すれば、ちょっとした無駄な時間やイライラが解消されて、家事の時短につながります。毎日する家事だからこそ、小さなストレスも諦めずに、便利グッズでクリアにしていきましょう!

【おすすめ記事】

家事を楽するためにやめてよかった3つのこと

乾きにくい洗濯物を「浴室」で乾燥させるアイデア

プロが「リアルに使っている」時短アイデア5選

「家事の時短」を叶えるキッチン収納テク4つ