GATTA(ガッタ) > Fashion > コツをつかめば超万能!「ニュートラルカラー」の正解コーデ術4つ
fashion

コツをつかめば超万能!「ニュートラルカラー」の正解コーデ術4つ

2019.05.16 21:00

黒や白、ベージュ、グレーなどは、時代やトレンドに左右されず、コーディネートがしやすい色。どんなスタイルも上品で大人っぽい雰囲気になる魅力がありますよね。ところが、スタイリングを一歩間違えると「ぼやけて見える……」「春夏なのに重たい印象に……」ということも。

そこで今回は、実は着こなしが難しい“ニュートラルカラー”を上手に着こなすテクニックをご紹介します。

1:ベージュ

気品と知性を兼ね備えた“ベージュ”は、オフィスコーデも重宝する頼れる優秀カラー。

そんな“ベージュ”をこの春夏に楽しむなら、断然“ワントーンコーデ”! なかでもおすすめな最旬スタイルは、上下を同系色でまとめつつも、絶妙にカラートーンをずらしたコーデ。濃淡をつけることで、ぼやけ知らずな着こなしに。

季節感を高めたい方におすすめなのが、柔らかなヌーディーベージュを使った、エレガントなワントーンコーデ。春夏らしい、上品な華やかさが好印象です。

2:アイボリー

クリーミーで優しげなホワイト“アイボリー”。

淡い色を合わせると、ぼやけてしまったり、大人には少しかわいい印象になったりするので、黒やネイビーの濃い色を合わせてメリハリを意識したスタイルにすると◎。

上品な華やかさもありながら、爽やかでキリッとしたシャープさもあるので、春夏のオフィスコーデにもぴったりです。

3:ブラウン

この春夏、注目度が高まっている“ブラウン”。

相性抜群なホワイト系と合わせると、重たく見せず春夏らしい清涼感のあるスタイルに。

バッグ・靴など小物で取り入れる以外にも、クリーム色のワンピースに、差し色にした肩がけの茶色カーディガンをプラスするスタイルもおすすめ。こなれ感が演出できる上級者向けスタイルに。

ワンピースなど茶色一色の着こなしの時には、腕・足首・首の“肌見せ”でヘルシーな抜け感をつくりましょう。さらに“白スニーカー”で、全体の鮮度をアップさせて。

4:テラコッタ

トレンドカラーの“テラコッタ”は、秋冬っぽくならないように、ホワイト調のカラーと合わせて爽快に着こなすと◎。

“テラコッタ”初心者の方は、一つにボトムスで取り入れること。二つに、白系のトップスを合わせること。この2つを意識すれば、難なく着こなせます。涼しげで、清潔感もあって、春夏の通勤コーデにもぴったりです。

ワンピースなど全体で“テラコッタ”を取り入れるときは、ホワイト系の靴やバッグを効かせましょう。小面積ですが、驚くほど効果抜群です。

 

どの色も、ワードローブに1つあると重宝するカラー。ぜひ自分好みなカラーをみつけて、春夏のおしゃれを楽しんでください。


【おすすめ記事】

2019年最旬の「ボーダー柄」大人の着こなし

オン&オフ使える最旬「パンツスタイル」6選

大人のための「きれいめスニーカーコーデ」5選

「差がつく」大人のヘアケアとは?(Sponsored)

\読者アンケート実施中!/

【画像】
※Street style photo、Shaun Jeffers、sama_ja、Creative Lab、Mauro Del Signore、The Style Stalker 、Luchino、Jan Zahradka / Shutterstock.com