GATTA(ガッタ) > Beauty > アイラインなしでもここまで変わる!「デカ目」を狙うナチュラルアイメイク
beauty

アイラインなしでもここまで変わる!「デカ目」を狙うナチュラルアイメイク

2019.05.18 20:00

アイメイクをするときに、アイライナーは必須のアイテムですよね。印象的な目元をつくるには欠かせないコスメですが、少しきりっとしたかっこいい雰囲気に仕上がるので、ナチュラル派の方には使いにくいなんてことも。ただ、目元は華やかさも譲れないですよね。

そこで今回は、ビューティープロデューサーの小笠原彩さんに、アイラインなしでも「大きな目」をつくるナチュラルメイクテクニックを教えてもらいました。

アイラインなしのナチュラルアイメイク

マスカラのみで目元を強調すると、ナチュラルな雰囲気を演出できるだけでなく、“縦”に目を広げて、目元を大きく見せてくれます。アイライナーは、横に大きくしてくれるイメージで、マスカラはボリュームたっぷりで塗ると縦に“大きな目”を印象づけてくれます。

またアイライナーで根本を埋めていないので、目元に余白と抜け感を生み出してくれます。マスカラの前に必ずアイライナーをいれるという方も多いと思いますが、ぜひ一度アイライナーなしのアイメイクをトライしてみてください。

さらに今回は、+αで取り入れたいテクニックを2つご紹介します。

テクニック1:ハイライトやコンシーラーで余白を作る

まずは、ハイライトやコンシーラーで、ぱっちりした目元をつくるテクニック。

実はハイライトやコンシーラーを目元ぎりぎりまで塗布するのではなく、“余白”を作るのがポイント。目に陰影ができて、目元を大きく見せてくれます。

クマがある部分は、写真のように一部だけ集中的に隠しましょう。目元約2-3mm開けてあげると、その分目元に明るいところと暗いところで陰影ができます。

また、目元ぎりぎりまでコンシーラーを塗ってしまうと、目元が詰まった印象になってしまうので、目を小さく見せてしまうことがあります。余白を上手につかって、“塗る塗らない”のメリハリをつけましょう!

テクニック2:黒目を広げるアイシャドウ

次に、より深い陰影をナチュラルに取り入れるアイシャドウテクニック。

陰影をつけるためには、少し暗めのブラウンアイシャドウを、目の上下に入れていきます。そのあと目頭から黒目の下を中心に、うっすらとパールがかったハイライトを塗布し、パールの効果で目元を広げていきます。

このように暗いところと明るいところを作ることによって目元を大きく強調してくれて、さらに白目をきれいにみせてくれます。

 

アイライナーなしでも、目元を大きく見せることができます! ナチュラルな雰囲気のメイクを思いっきり楽しみましょう。


【おすすめ記事】

大人顔には「いらない」NGメイクとは

2019年絶対に欲しい優秀アイシャドウ7選

美容家おすすめ「ラメが美しいアイシャドウ」8選

肌に優しい&優秀クレンジング!(Sponsored)

\読者アンケート実施中!/

【画像】

※NIKITA TV、 Malyugin、TanyaKim / Shutterstock