GATTA(ガッタ) > Leisure > 美味しい旅がしたい!女性ひとり旅におすすめの「海外グルメスポット」3選
leisure

美味しい旅がしたい!女性ひとり旅におすすめの「海外グルメスポット」3選

2019.05.13 21:30

ここ数年増えている“女性のひとり旅”。気兼ねなく自分の好きなことができるので、見たいものが見られたり、食べたいものが食べられたりする点がメリットですよね。

今回はトラベルライターの桑子麻衣子さんに、女性のひとり旅におすすめの絶品グルメが味わえる海外旅行スポットを紹介してもらいました。

1:女性の美と健康を応援する旅なら「台北」

女性に人気の海外スポット・台北。平成最後のヒットグルメとして日本で大ブームを起こしたタピオカミルクティー(バブルティー)はもちろん、小籠包などの定番もぜひ堪能したいところ。

また、台湾には古くから伝わる女性の美容と健康をサポートするグルメもたくさんあります。

筆者のお気に入りは、台湾風豆乳の豆漿(ドゥジャン)。台湾の朝ごはんの定番である豆漿は、温かい豆乳のなかに揚げパンや肉そぼろを入れたもの。

朝食文化が栄えている台湾では、朝食営業のみのお店もたくさんあり、外に食べに行けば、すぐに見つけることができるはず。

日本でも健康ブームの影響で植物性ミルクを取る方が多いですが、こういった食べ方をするのは新しいですよね。自宅でも簡単にできますが、まずは現地で本場の味を試してみて。

2:世界三大料理を堪能するなら「トルコ・イズミール」

筆者の一押しは、トルコのエーゲ海沿いにある港町イズミール。聞き慣れない方も多いかもしれませんが、イズミールはイスタンブール、アンカラに続くトルコ第三の都市。

古代遺跡を周る中継点としてヨーロッパやアメリカからの観光客からとても人気の観光地でもあるんです。トルコは親日家の人が多いのに加えて、比較的治安がよく1年を通して過ごしやすい気候が特徴的な街。

また、おしゃれなカフェやレストランがたくさんあるのも特徴。ドライフルーツの産地でもあるので、お土産にドライいちじくはマスト! 日本の半分以下の値段で購入できます。

日本では高価なピスタチオのデザートやトルコアイスなども、安価な値段で楽しめますよ。そのほか、新鮮な海の幸やケバブ、豆料理や野菜料理など世界三大料理であるトルコグルメを、エーゲ海を望みながら堪能してみては?

3:食のダイバーシティーを味わうなら「シンガポール」

中華、マレー、インドのルーツを持つ人々から成り立つ多民族国家のシンガポール。その食文化ももちろん、さまざまな国の味が混ざり合っているのが特徴。

多文化は飲み物からも感じることができるのがシンガポールグルメの面白いポイント。シンガポールは独自のコーヒー文化・ローカルコーヒーの『コピ (kopi)』が根付いています。

コピとはマレー語でコーヒーのこと。コンデンスミルク入のコーヒーは、普段日本人が飲んでいるコーヒーに比べるととても甘く感じますが、暑い気候とローカルフードにとてもよく合うんです。そのほかにも、日本ではなかなかない、フレッシュライムジュースなども美味しいですよ。

最近はフードコート(ホーカーセンター)では使い捨てのストローを廃止している場所が多いので、ストローやマイボトルを持参するといいかもしれません。

 

せっかく旅に出るのであれば、自分のやりたいこと、見たいもの、そして食べたいものを気兼ねなく堪能したいですよね。

ぜひ、世界のグルメを味わう旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

【おすすめ記事】

飛行機の中で「熟睡」するための裏ワザ4選

実際に役立った「機内持ち込みグッズ」3選

海外旅行に持っていかなくていいもの5つ

輝く3人の女性が見つけた「私らしさ」(Sponsored)

\読者アンケート実施中!/

【画像】

※ wj / PIXTA(ピクスタ)