GATTA(ガッタ) > Hair > 梅雨に負けないで!美容師が教える「髪の広がり・うねり」のヘアケア3選
hair

梅雨に負けないで!美容師が教える「髪の広がり・うねり」のヘアケア3選

2019.05.25 21:00

美容師のナカイヒロキさんによると、梅雨の時期はお客さんからヘアスタイルや髪の相談を受けることが多くなるそう。特に、お悩みで多いのが「髪の毛が広がる」「うまくまとまらない」「くせがでてくる」なんだとか。どれも梅雨時期に髪の毛がよくなる状態ですよね。

そこで今回は、ナカイさんが、梅雨時期でも髪の毛が扱いやすくなるヘアケアをご紹介します。このような状態になる原因はいろいろとありますが「湿度」と「乾燥」がポイントなんだそう!

1:スプレーを使う

梅雨時期は「アイロンで巻いてもすぐに取れる!」というお悩みが多いです。朝巻いたとしても、外の湿度が高いと巻きが取れやすくなってしまいます。

そんなアイロンの巻きを長時間キープするのにおすすめなのが、“スプレー”を使うこと。

スプレーを使うタイミングは2回あります! 最初は、アイロンで髪の毛を巻く前。アイロンで髪の毛を巻く前にスプレーを使うことでカールやウェーブに弾力がでて、崩れにくくなります。次に使うタイミングは、最後の仕上げ。最後の仕上げでスプレーを使うことでヘアスタイルが固まり、梅雨時期の高い湿度にも負けません!

2:洗い流さないオイルトリートメントを使う

ヘアスタイルが広がる原因のひとつとして、髪の毛の“乾燥”が考えられます。髪の毛が乾燥していると空気中の水分を吸ってしまい、髪の毛が膨張したりうねりがでてきたりしてしまうことがあります。結果的に髪の毛が広がり、ヘアスタイルがまとまらないことが多いです。

なので、“洗い流さないオイルトリートメント”で髪の表面をコーティングすることが大切です! 髪の表面を“洗い流さないオイルトリートメント”でコーティングすることで、空気中の水分を吸いにくくなり、髪の毛が広がりにくいです。

湿度が高い時期だからこそ、髪の毛を“洗い流さないオイルトリートメント”でコーティングしましょう!

3:ストレートパーマをかける

「髪の毛が広がるけど、毎日ケアしている時間なんてない!」なんて人には“ストレートパーマ”をおすすめします。縮毛矯正よりも、“ストレートパーマ”がおすすめです。

縮毛矯正とストレートパーマは、似ているようで全然違います! 縮毛矯正は、アイロンを使って熱の力で髪の中のタンパク質の形を変えることで、髪の毛を真っすぐにします。なので、強制的に真っすぐになり、毛先がツンツンになることが多いです。最近はナチュラルな縮毛矯正というのもよく見かけますが、結局は熱の力でタンパク質を変形させているので、髪の毛が硬ってしまうことも。

それに比べ、ストレートパーマは癖を伸ばす力が弱いです。ですが、髪の毛が硬くなることはなく、ナチャラルな仕上がりになります! ストレートパーマは化粧品扱いの優しい薬剤もあり、髪の毛への負担も少ないです。

 

梅雨の髪の毛はどうしても扱いにくくなりがちですよね。ですが、梅雨の湿気に負けないヘアケアをすれば、髪のお悩みが軽減するかも。くせ毛の人や髪が乾燥しやすい人ほど、梅雨時期はしっかりケアをしましょう!


【おすすめ記事】

美容師が教えるやりがちNG&正解ヘアケア

髪のきれいな人が使ってるヘアケアアイテム(Sponsored)

美容師が教える枝毛を防ぐ簡単ヘアケア

きしまないボタニカルシャンプー(Sponsored)