GATTA(ガッタ) > Hair > 美容師が実践する!髪が傷みにくい「ヘアアイロンの使い方」3つのコツ
hair

美容師が実践する!髪が傷みにくい「ヘアアイロンの使い方」3つのコツ

2019.05.10 21:00

毎日のヘアスタイリングに、ヘアアイロンは欠かせない!という方も多いはず。そんな便利なヘアアイロンですが、気になるのが“髪へのダメージ”。間違った使い方をしていると髪へのダメージが大きくなってしまうことも。

そこで今回は、美容師のナカイヒロキさんが、実際に気をつけている“ヘアアイロンを使うときのコツ”をご紹介します。

1:ヘアアイロン前にベース剤を使う

コテやストレートアイロンを使う前になにか使っていますか? なにも使っていないと熱のダメージが髪へ直接負担を与えやすく、ダメージの要因になってしまうことも。

巻く前には洗い流さないトリートメントなどを使い、熱から髪を守りましょう。洗い流さないトリートメントを巻く前に使うことで、ツヤ感のある髪に仕上がりますよ。

2:巻く前に髪をブラッシングする

ヘアアイロンを使うときに、いきなり髪にヘアアイロンをあてていませんか? 髪をブラッシングして、毛流れを整えてからヘアアイロンを使うのがおすすめです。毛流れを整えてからヘアアイロンで髪を巻くことで、カールやウェーブがきれいに仕上がります。

髪の毛流れが整っておらず、髪が絡まった状態のままヘアアイロンで巻いてしまうと、パサついた巻髪になりやすいので気をつけましょう!

3:髪が乾いているときにヘアアイロンを通す

ヘアアイロンを使うタイミングはいつですか? ヘアアイロンは、必ず髪がしっかり乾いた状態で使いましょう。

髪が少しでも濡れていると、髪がダメージを受けやすくなってしまうことも。特に、朝にお風呂に入る方は要注意です!

 

ちょっとしたことに気をつけるだけで、ダメージが軽減されるかもしれません。日常的に使うヘアアイロンだからこそ、髪に負担が少ない正しい使い方を覚えましょう!

【おすすめ記事】

ズボラさん必見!ちょい足しで美髪を目指すヘアケア12選

シャンプーからオイルまで完全ケア9ステップ

朝の時短を叶える!「夜に仕込むべき」簡単ヘアケア3選

香り華やか!きしまないボタニカルシャンプー(Sponsored)

\読者アンケート実施中!/