GATTA(ガッタ) > Hair > 旅行先でコテがなくてもOK!簡単「編み込み×ねじり」ヘアアレンジ
hair

旅行先でコテがなくてもOK!簡単「編み込み×ねじり」ヘアアレンジ

2019.05.02 21:00

旅行の準備をする際、洋服にコスメと持ち物が多くなりがちですよね。

少しでも量を減らしたいと思ったときに、“ヘアアイロン”“コテ”を持って行くべきか悩んだことありませんか。ないとヘアアレンジの幅が……と思うかもしれませんが、コテがなくてもピンとゴムさえあればおしゃれなヘアアレンジができます!

そこで今回は、美容師の野澤琢眞さんに、旅行先で巻かなくてもできる“簡単ヘアアレンジ”を教えてもらいました。

巻かないヘアアレンジのメリット

そもそもヘアアレンジをする上でコテやアイロンで巻く理由は、ヘアアレンジをしやすくするため、スタイルに動きを出すためが多いはず。

しかし、巻かないことのメリットも実はあるんです! 一つは、髪を巻かないことで髪に熱処理を加えないので、髪が傷みにくくなります。そしてもう一つは、巻きあとが残らないので、途中でヘアアレンジが崩れ始めた場合でもさっと違うアレンジに変えることができます。

巻かなくてもおしゃれなヘアアレンジとは

とはいえ、ヘアアレンジは基本的に巻いた方が立体感や動きがでやすくなります。また、柔らかさも表現できますよね。

そこで提案したいのが、巻かなくてもおしゃれ見えが叶う“編みおろしスタイル”です。髪全体を編み込んでしまうので、髪の毛をカールしていても、いなくても目立たないヘアアレンジです。

自分でできる簡単「編みおろしヘアアレンジ」

今回は、挑戦しやすいサイドに寄せた“編みおろしスタイル”をご紹介。サイドに髪を寄せることで、編み込みの状態が確認しやすくなるので、時間がないときでも簡単にアレンジできます。

一見難しそうなヘアアレンジですが、手順をマスターしてしまえば、不器用さんでも挑戦できるはず。

(1)髪の長さは、セミロングからロングの長さがあればアレンジ可能です。

(2)真ん中の髪をサイドに寄せて、編みおろしていきます。編み込みが苦手な方は、普通の三つ編みでも大丈夫です。

(3)左サイドの髪を2つに分けてねじりながら、はじめに作った編みおろしに巻きつけていきます。毛先がなくなったら、ゴムで毛先を結んで固定します。

(4)反対サイドは髪の量が多いので、2つに分けて順番にねじります。反対サイドと同様に巻きつけて、毛先をゴムで結びます。

(5)残った髪も同様に巻きつけて、毛先をゴムで結んだら全体を程よく崩して完成です。

 

旅行先で荷物を少なくしたいと思ったとき、今度からはぜひ“ヘアアイロン”“コテ”を持っていかないで、今回ご紹介したヘアアレンジをしてみてください。荷物が減り、またおしゃれを楽しむこともできるので、一石二鳥ですね。


【おすすめ記事】

美髪をつくるヘアケア術

朝の時短を叶える簡単ヘアケア

美容師が教える「アホ毛」の対処法

きしまないボタニカルシャンプー(Sponsored)

\読者アンケート実施中!/