GATTA(ガッタ) > Interior > キッチンのデッドスペースに大活躍!無印良品の「ファイルボックス」で無駄なく収納
interior

キッチンのデッドスペースに大活躍!無印良品の「ファイルボックス」で無駄なく収納

2019.05.06 21:30

シンプルでスッキリとしたデザインとカラーが人気の無印良品の収納グッズたち。

なかでも『ポリプロピレン ファイルボックスシリーズ』は、サイズや別売品など多種多様に展開されている大人気商品ですね。

『ファイルボックス』という名の通り、文房具の商品カテゴリーに分類されていますが、使い方次第で家中どこでも役に立つ収納グッズとして活用され、特にキッチンのデッドスペースにとても便利な収納グッズなんです。

今回は、ファイルボックスで解決する3パターンの“キッチンのデッドスペース活用法”をインテリアコーディネーターのsumikoさんに教えてもらいました。

デッドスペースNo.1!「上部のスペース」を引き出せる収納に

キッチンの一番のデッドスペースと言えば、届きにくく、奥が見えない天井付近の収納スペース。

吊り戸棚や作り付けの食器棚など、何かと天井近くまで収納はあっても、上の部分は“滅多に使わないものの収納”として無駄にしてしまいがちです。

そこで、ファイルボックスを使って収めれば、どんなものも出し入れがスムーズ。奥まで見えないスペースも引き出してパッと見えるので、管理しやすい便利な収納スペースに早変わりです。

低い場所の重いものも引き出して全部出し

そして、何かと重い“瓶もの”が多いキッチン。床に近い低いスペースに収納してみたけれど、今度は、奥のものを取り出すために瓶を一つ一つ取り出すのも、ひと苦労です。

高いところと同じように、低い収納スペースも重いものが多かったり、奥に入れたものを管理しずらい使いにくいスペース。デッドスペースになったり、奥にものが入れっ放しになったりしがちですね。

ここでもやはり、深さのあるファイルボックスなら瓶ものも収納しやすく、一気に奥まで引き出せて、快適な収納スペースに一役買ってくれます。

これでこんがらがらない!細かいキッチンツールのぶら下げ収納

引き出しスペースに一つ一つ贅沢に収納できれば快適に使えるキッチンツールも、現実は、引き出しの中でこんがらがって取りにくかったり、まとめてツールスタンドに入れたら、倒れたり引っかかったり。

これもちょっとした隙間に忍ばせたファイルボックスにぶら下げ収納をすると取り出しやすいですよ。

細かな大量のキッチンツールのために引き出しを優雅に使うスペースはないけれど、ファイルボックスが入る縦の隙間なら案外見つかりやすいもの。使用頻度の少ないキッチンツールも、ファイルボックスを引き出すだけで、使いたいときにサッと取り出せますね。

 

奥が見えずらかったり、使い道のないちょっとした隙間など、キッチンのデッドスペースを使いやすく変身させる無印良品の『ファイルボックス』。

中身が見える半透明タイプと、キッチンに清潔感を与えてくれるホワイトグレータイプがあり、見た目も収納に使いやすい無駄のないスッキリとしたデザインです。キッチンで収納改善のコツをつかんだら、ぜひ他の部屋でも活用してみてくださいね。

【おすすめ記事】

便利グッズに頼らない!? 家事の時短が叶う「キッチン収納」テク

こんなの欲しかった!本当に使える「無印良品」収納グッズ&使い方10選

デッドスペースを有効活用!プロが教える「扉の裏の収納術」3つ

家事が楽しくなる「おしゃれ」キッチングッズ(Sponsored)