GATTA(ガッタ) > Hair > アイロン・コテで簡単!自分でできるショートヘアスタイリング5選
hair

アイロン・コテで簡単!自分でできるショートヘアスタイリング5選

2019.04.26 22:00

ショートヘアは、自分でスタイリングをするといつも同じ髪型になってしまい、マンネリになりがち。

とはいえ、なりたい印象に合わせていろいろなスタイリングを楽しみたいですよね。

そこで今回は、アイロンや͡コテを使って簡単にできる、ショートヘアのへアアレンジをいくつかご紹介します。

 

1:ストレートアイロンでつくる!伸びかけショートのこなれスタイル

まずは上下で髪をわけて、上の髪は留めます。下の髪の毛を1束ずつ取りストレートアイロンを滑らすようにして、外ハネにします。

うまくスタイリングするコツは、ストレートアイロンで強くはさみすぎないこと。髪にも負担がかかり過ぎてしまいますし、外ハネが強くなりすぎると、スタイリングもうまくいかなくなってしまうので、注意が必要です。

留めておいた上の髪をおろし、顔まわりから1束ずつ内巻き→外巻き→内巻き……といった感じで、内巻きと外巻きを交互にやっていきます。

こちらも、ストレートアイロンで強くはさみ過ぎないように注意してくださいね。

巻き終わったら、ワックスを髪の中間から毛先にかけてしっかり揉み込み完成です。毛先をこまかく裂くようにして、細い毛束をところどころつくっておくと、こなれ感が出ておしゃれな仕上がりになりますよ。

 

2:3ステップで仕上げる!ふんわりショートヘア

ショートヘアでふんわり仕上げるにはベースづくりがとても大切です。スタイリングのベースをつくるのにおすすめなのが“ムース状”のスタイリング剤。

髪が濡れている状態で、スタイリングムースを髪の根元に揉み込んでドライヤーで乾かします。スタイリングムースを髪の根元に揉み込んでおくことで、根元の立ち上がりをキープしやすいです。

ちなみに、スタイリングムースを揉み込んでから髪を乾かすときは、一定方向ではなく左右に向かって乾かすのがポイントですよ。

髪を乾かした後は、アイロンを使ってスタイリングするのがおすすめ。アイロンを使うことで、カットだけでは出せないボリューム感や動きを簡単につくれます。

巻くときのポイントは、毛先をワンカールで巻いていくこと。ワンカールを重ねることで、ボリュームが出てふんわり仕上がります。

毛先を巻くだけで動きやボリュームが出やすいように、カットの際にレイヤーを入れて段差をつけておくこともポイントです。美容師さんにお願いする時に、ぜひレイヤーを入れてもらうようにしましょう!

最後の仕上げである、ワックスの使い方にもコツがあります。ワックスを使うときに髪の表面につけていませんか? 実は、髪の表面からワックスを使うと、重たくてペタンコになりやすいのです!

ふんわりボリューム感を出すなら、“髪の根元”から擦るように揉みこみましょう。そうすることで、髪の根元からふんわりと立体感のあるヘアスタイルに仕上がります。

髪の根元にワックスがついていることで、ボリュームもキープすることが可能です。

 

3:簡単すぎる「今どきショート」巻き髪アレンジ

使用するのは、26mmもしくは、32mmのストレートアイロン。

2つのプロセスで完成するので、とても簡単かつスピーディーにスタイリングすることが可能なんです。

(1)まず毛先を外側にハネさせます。

横の髪の毛を巻くときはヤケドしないようにしっかり注意してくださいね!

(2)表面の毛先を中間まで内側に巻きます。

毛先をしっかり巻くのがポイント。

巻くことで表面の髪の毛がランダムに動きが出るのでボリュームもだしやすくなり、頭の形をきれいに見せることができるんです。アイロンでのプロセスはたったこれだけ。

最後はシアバターやオイルなどのスタイリング剤を全体になじませれば完成です! そのとき、頭皮は触らないように、毛先を中心にもみこんでニュアンスを出せばよりおしゃれに仕上がりますよ。

 

4:ワックスの使い分けで質感を変える!

髪をまいた後にこだわりたいのがヘアワックス。ワックスの種類を変えると一番変わるのが“質感”です。髪の質感が変わると印象も変わりますよ!

・トリートメントワックス……質感:軽め・ツヤ、印象:ナチュラル

・バーム系ワックス……質感:しっとり・ウェット、印象:クール・モード

・クリームワックス……質感:ドライ、印象:カジュアル

という風に使い分けるのがポイントです。気分や服装に合わせてワックスを変え髪の質感を変えてみてくださいね。

 

5:ジュアルに使えるショートアレンジ

普段のお出かけスタイルやデートに使えるヘアアレンジです。編み込みをうまく使った、こなれ感たっぷりのおしゃれなスタイル。ぜひ挑戦してみてください。

(1)肩より短いスタイルでもできます。初めに軽くスタイリング剤をつけてヘアアレンジがしやすいようにしてください。

(2)真ん中の髪をぼんのくぼのあたりまで2~3回編み込んで毛先をゴムで結びます。

(3)両サイドの髪を片編み込みしてゴムで結び“くるりんぱ”をしてください。

(4)残りの襟足の髪も片編み込みをしてゴムで結びます。全ての毛先を大きめのゴムで結びます。

(5)最後に編み目にそって、ほどよく崩したら完成です。

毛先は立体感が出るようにコテやアイロンで巻くと、よりおしゃれ感が出ますので、最後まで丁寧にしてみてくださいね。

 

コテを使いこなせば、ショートヘアでもいろいろな印象を作ることができるんです。この記事を参考に、新しいスタイリングにチャレンジしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

チャレンジしやすい「ショートヘア」3つ

「ショートヘア」スタイリングのコツ10選

「ボブ&ショート」ヘアカタログ【2019年最新版】

香り華やか!きしまないボタニカルシャンプー(Sponsored)

【参考】
5分で簡単!ストレートアイロンでつくる伸びかけショートヘアのこなれスタイル
ちょっとのコツで見違える!ショートヘアの「ぺたんこ解消」スタイリング術
ショートヘアでも諦めないで!美容師が教える「脱マンネリ」スタイリング3つ
プロセスはたった2つだけ!簡単すぎる「今どきショート」アレンジ
簡単なのに凝って見える!ショートヘアのおしゃれ度あがるヘアアレンジ2選

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。