GATTA(ガッタ) > Hair > どのスタイルが好き?美容師おすすめの印象別「ショートヘアスタイル」まとめ
hair

どのスタイルが好き?美容師おすすめの印象別「ショートヘアスタイル」まとめ

2019.04.15 21:30

一言に“ショートヘア”といっても種類はたくさん。まとえる印象もさまざまです。

そこで今回は、大人っぽいものからジェンダーレスな印象のものまで、いろいろな種類のショートヘアスタイルをご紹介します。

ぜひなりたい印象に合わせて、髪型を選んでみてくださいね。

1:こなれ感抜群!ハンサムショートヘアスタイル

ひとつ目のヘアスタイルは、ハンサムショートヘア。おしゃれな大人の女性から人気が高いショートスタイルです。

かっこよさのなかに“色っぽさ”が感じられるのが人気の理由。

襟足や耳周りをスッキリしつつも、前髪や髪の表面は長めに残るようにカットしています。そうすることでメリハリのあるシルエットになり、かっこよさのなかにも丸みや柔らかさを出せますよ。

2:ボーイッシュになりたくないなら、前下がりショートボブスタイル

ショートヘアでも「ボーイッシュにはしたくない!」という人は多いのではないでしょうか? そんな人には前下がりショートボブがおすすめ。

髪の重なりで後頭部に自然な丸みをつくりつつも、顔周りは長くなるように前下がりでカット。顔周りに長さを残すことで髪が短いと感じにくく、耳にかけやすくもなります。

髪を耳にかけるとスッキリとした雰囲気になり、かけないと丸みのあるボブスタイルを楽しめますよ。

3:スッキリ!でも柔らかな、耳かけセンターパートショートヘアスタイル

「ショートヘアにして、すっきりしたい」というオーダーはとても多いです。そんな人におすすめなのが、耳かけセンターパートショートヘア。

耳にかけられるようにサイドの髪の毛は少し残しますが、襟足などはすっきりカットしています。前髪を長めにすることで、色っぽさや柔らかさが出るようにしているのがポイント。

さらに、センターパートで仕上げることでこなれた大人女性に変身! 短くても優しい雰囲気のあるショートヘアです。

4:これぞ王道!ショートボブスタイル

世代を問わず幅広く似合う、王道の“ショートボブ”スタイル。

「短いヘアスタイルが自分に似合うか不安だけれど、ボブよりは短くしたい……」という方におすすめ。

髪質や頭の形によっては、難しい髪型もありますが、このヘアスタイルならウエイトポイント(一番膨らみのあるところ)を調整すれば、似合わない方はほとんどいないでしょう。

はじめてのショートヘアで失敗したくない方には特におすすめです。シンプルな髪型なので、パーマをかけて印象を変えてみてもいいですね。

5:すっきりとしたスタイリングで一気にあか抜け!ショートヘアスタイル

スッキリとキレイ系を狙いたい方には、このスッキリしたショートヘアがおすすめ。

首すじをキレイに見せるために、えりあしをすっきりと、タイトに仕上げているところがポイント。

顔まわりの髪の毛を輪郭に合わせてカットすることで、小顔に見せることができます。

頭が小さく見えるのでスタイルアップしたように見せることができ、一気にあか抜けた雰囲気になれますよ。

6:短すぎる髪に抵抗がある人におすすめ!えりあしギリギリボブスタイル

えりあしのギリギリまで短くカットした“ボブスタイル”。「バッサリと、ショートヘアにしたい!」と意気込んでいても、いざ美容室の鏡の前に座ると躊躇してしまうもの。

広がりやすい方や、扱いにくいクセのある方は重ためのスタイルのほうが、スタイリングは簡単ですし、えりあしギリギリまでカットすれば、ショート気分も味わえます。

切ってしまったら、伸ばすまでに時間がかかるので、一度ボブで様子を見てからカットするのも良いのでは?

7:丸顔カバーにも!前下がりのショートヘア

「ショートヘアにすると、顔の形が強調されそうで不安……」そんな方におすすめなのが、前下がりのショートヘア。

顔まわりがシャープに見えるようにカットしてあるので、丸顔さんや、エラ張りさんでも安心。スタイリングも簡単で、乾かすだけでほぼ完成します。髪型で、コンプレックスまで隠してしまいましょう!

顔まわりの毛先を軽くし過ぎず、ラインを少し残すことで今っぽさがグンと出ますよ。

8:ナチュラルな雰囲気でおしゃれ感アップ!無造作ショートヘアスタイル

毛先を遊ばせたショートヘアも、軽やかな雰囲気が出るのでおすすめです。毛先を動かすと、短く見えてしまうので、少し長めにカットするのがポイント。

毛先にシアバターなど、みずみずしいウェット感のあるスタイリング材を少量つけて、パサっとしないようにするのが、おしゃれに見せるコツですよ。

9:黒髪とも相性抜群!ジェンダーレスショートヘアスタイル

襟足をすっきりとさせて、長い前髪につながるように、前下がりにカットしたショートヘア。いわゆる“ジェンダーレスショート”。

挑戦しにくいヘアスタイルと思いがちですが、カジュアルな洋服や、モノトーンコーデが多い方は違和感なくなじむと思いますよ。仕事柄、髪が黒く染められない……という方でも、大人っぽいおしゃれな雰囲気を演出できる髪型です。

潔く黒髪にしてムードを高めるのもあり! 今年は、ちょっぴりかっこいい雰囲気に挑戦してみては?

 

10:アンニュイさが気になる!顔の輪郭を隠すワンカールヘアスタイル

前髪をつくらないスタイルは、こなれた雰囲気やカッコイイ雰囲気が好みの方におすすめ。大人っぽく仕上げたい方に、引き続き人気が高いスタイルです。

お手入れやスタイリングが手軽でラクなのも魅力的ですね。

前髪をつくらない場合、毛先にワンカールのパーマを軽めにあてたり、アイロンで少し巻いたりすることで、立体的でふんわりと仕上がります。

髪を耳にかければスッキリした印象を持たせることもでき、クールさをより演出することができるでしょう。

 

なりたい印象に合うスタイルや自分に似合うスタイルを探してみてくださいね。


【おすすめ記事】

【2019最旬】美容師おすすめ「ショートヘア」7選

髪のきれいな人が使ってるヘアケアアイテム(Sponsored)

【前髪の長さ別】失敗しないショートヘアスタイル8選

きしまないボタニカルシャンプー(Sponsored)

【参考記事】
2019年最新版!美容師おすすめ「ショートヘア」人気の最旬スタイル3つ
美容師直伝!はじめての人でもチャレンジしやすい「ショートヘア」3つ
2019年春イメチェンするならコレ!美容師が教える最旬ショートスタイル3選
簡単にイメチェンするならコレ!前髪の長さ別「2019春トレンドヘア」3選

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。