GATTA(ガッタ) > Beauty > これだけで仕上がり変わる!大人のピンクアイメイクNG&正解3つ
beauty

これだけで仕上がり変わる!大人のピンクアイメイクNG&正解3つ

2019.04.11 21:30

ピンクを使ったアイメイクは、色っぽさと可愛らしさが混じり合い絶妙な雰囲気を演出してくれます。

一方で、はれぼったく見えてしまいやすく難しいカラーでもありますよね。

そこで今回は、美肌研究家の杉本由美さんに、ピンクアイメイクのNG&正解を教えてもらいました!

 

NG1:均一にアイシャドウをのせる

目元にピンクのアイシャドウをのせるとき、いつものアイメイクのようにアイホールに均一にのせてしまうのが実はNGメイク。

アイホール全体にピンクを広げてしまうことで、目が小さく見えてしまったり、腫れぼったく見えてしまったりする場合があります。

 

正解:メリハリをつくる

腫れぼったくみせずに大人の甘メイクを完成させるポイントはメリハリをつくること。

写真のように、目頭、中央、目尻と3点に分けてメリハリをつくっていきます。

・目頭:少し薄めに広げる

・中央:薄めにのせ縦に広げないようにする

・目尻:少し濃いめに。さらにワイドに広げることでピンクメイクを強調。

この3点でメリハリをつくることが、アイシャドウにピンクを使っても腫れぼったく見えないコツですよ。

 

NG2:アイラインの強調

ピンクのアイメイクは目元が物足りなく感じることも。かといって、アイラインを強調させるほどもったいないことはありません。

ピンクの甘さが一気に半減するだけでなく、いかにもメイクしました感が出てしまい残念メイクに。ここはあえて甘さの演出を徹底し、アイラインの強調は控えるのがおすすめです。

 

正解:キワにブラウンラインを引く

ピンクのふんわりとした甘さを残すために、アイラインのカラーはブラウンにするなどナチュラルさを意識しましょう。

さらにアイラインはインサイドにしたりまつ毛のキワに引いたりすると、ピンクアイメイクの甘さを生かすことが可能になります。

 

NG3:カールしすぎのまつ毛

ピンクアイメイクの魅力はさりげない甘さ。しっかりカールのついたまつ毛は、その印象を崩してしまいかねません。

また、デカ目を意識してマスカラをガッツリ塗っているまつ毛もピンクアイメイクにはミスマッチかも。

 

正解:ナチュラル意識のまつ毛

まつ毛は直角にカールするのではなく、緩やかなナチュラルカールがマスト。

直角にしたり、マスカラをがっつり塗ったりせず、ピンクアイメイクの甘さを引き立てる程度に抑えておくのがおすすめです。

 

難しく感じるピンクアイメイクですが、ポイントさえ押さえれば誰でも簡単にマスターすることが可能。

大人女性がもつ自然の艶っぽさに、ピンクアイメイクで甘さをプラスさせ、より魅力をアップさせてみてください。

【おすすめ記事】

目元をやわらかく!一重さん向けアイメイクのコツ

魅力的なデカ目に見せる「簡単アイメイク術」まとめ

寝坊した朝も慌てない!60秒で叶う「時短アイメイク」

肌に優しい&優秀クレンジング!(Sponsored)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」