GATTA(ガッタ) > Bodymake > 疲れリセット&ぐっすり睡眠を目指す!お風呂でできる背骨ストレッチ
bodymake

疲れリセット&ぐっすり睡眠を目指す!お風呂でできる背骨ストレッチ

2019.04.05 20:30

仕事が片付いて、1日が終わると全身が固くなって、重たく感じることはありませんか? そんなときは、バスタイムに、湯船でまったりと背骨の動かしてみましょう。

今回は、ヨガインストラクターのyuukaさんに、お風呂でできるリラックスストレッチを教えてもらいました。張っている肩がすっと軽くなるかもしれませんよ。

#マッサージ 記事もチェック!

 

同じ姿勢で固まっていませんか?

デスクワークや家事をするときの姿勢は、パターン化されていて体が固まりがち。伸びをすると、腰や背中あたりが悲鳴をあげることがありますよね。

そんなときは、背骨ひとつひとつの動きを丁寧に意識しながら、動かしてあげましょう。深くゆったりとした呼吸と、体が温まるバスタイムを利用して、湯船でたっぷりストレッチです。

 

背骨を動かすバスタイムストレッチ

(1)あぐらか正座の姿勢で座ります。両腕を頭上にあげて組み、手のひらを返しましょう。

(2)息を吸いながらみぞおちを引き上げて伸ばし、腕を可能なところまで後ろへ引いていきます。

(3)息を吐きながら両腕を胸の位置に下げ、背中を丸めて後ろへ引っ張り、腕は前方へ引っ張ります。首の力は抜いておきましょう。

(4)すっきりするまで好きなだけ行います。

横からも視線を確認してみましょう!

ポイント1:横から見たときに、腰を無理にそらさないようにしましょう。

ポイント2:背中を丸めるときは、前後に引っ張り合う力を意識し、腰を後ろへ倒すようにしてください。

ポイント3:ゆっくりと心地の良いスピードを意識しながら、呼吸と動きを連動させていきましょう。

 

お風呂で温まった体で、体だけでなく気持ちもリラックスできれば、夜の寝つきがよくなるはず。

力をゆるめることはとても大切なこと。緊張した体を明日まで持ち越さないように、疲れた時の日課にしてみませんか?

【おすすめ記事】

「無印良品」で揃うセルフケアグッズ3選

デスクワークに疲れたら!座ってできる「リセットストレッチ」

香りで癒しを、SNSで話題の「ディフューザー」

美肌をつくる「正しい洗顔」4ステップ(Sponsored)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」