GATTA(ガッタ) > Hair > ショートヘアでも簡単キレイ!美容師が教える「くるりんぱアレンジ」
hair

ショートヘアでも簡単キレイ!美容師が教える「くるりんぱアレンジ」

2019.04.03 21:00

季節も変わり、暖かい日も増えましたね。長かった髪をバッサリ切ったりと、ヘアスタイルを思い切って変えた方もいるのではないでしょうか。

しかし、髪を短くしたときに困るのが“ヘアアレンジ”。長い髪はアレンジが比較的簡単ですが、短い髪の場合は急に難しくなってしまいますよね。

そこで今回は美容師の野澤琢眞さんに、短い髪でも簡単にできる“くるりんぱアレンジ”を紹介してもらいました。

#ヘアアレンジ 記事もチェック!

 

まずはコツを押さえておくこと

ヘアアレンジをする前に、短い髪でアレンジをするときのコツを押さえておきましょう。

コツ(1)長い毛を上手に使う

確かに、短い髪の場合はヘアアレンジが難しくなります。そんなときは、短いヘアスタイルのなかでも“長い部分”をヘアアレンジすると良いでしょう。

ボブやショートヘアにした場合でも、頭の半分から上、つまり“オーバーセクション”と“ミドルセクション”は髪が長いことが多いもの。

その長い部分をヘアアレンジすることで、簡単にセットできますよ。

コツ(2)ねじって留める

髪が短いと、結んだり留めたりするのがどうしても難しくなります。それは、髪が短いゆえに髪同士がパラパラとほつれてきてしまうから。

そんなときは、髪を細かくねじって留めましょう。髪はねじることで、“髪が髪を留める”ことができるんです。

最後に毛先だけをピンで固定すれば、短い髪でも留めやすくなりますよ。

 

短い髪でもできる「くるりんぱアレンジ」

前述した“長い部分をヘアアレンジする”“ねじって留める”の2つを使って作る、くるりんぱアレンジに挑戦してみましょう。

オーバーセクションとミドルセクションに、ある程度の髪の長さがあれば作ることができますよ。

用意するのは、小さめのナイロンゴム2つだけ!

(1)小さめのゴムを2つ用意してください。

(2)真ん中の髪を楕円形にブロッキングし、毛先をゴムで縛ります。

(3)サイドの髪をねじりながら、先程結んだ目のあたりで仮留めをしておきます。

(4)反対サイドの髪も同様にねじっていき先程仮留めしておいた髪と一緒にゴムで縛ります。くるりんぱをした後、しっかりと毛先を左右に締めて固定をします。

(5)最後に全体をほどよく崩したら完成です。

 

今回ご紹介した方法を使えば短い髪でもヘアアレンジを楽しむことが簡単にできるので、何回か練習してマスターしてください。

【おすすめ記事】

ボブ~ショートヘアでもできる簡単ヘアアレンジ

ヘアアレンジを「一日キープさせる簡単テク」

傷み髪に使いたい「ヘアケアアイテム」

30代女性の「差がつく」大人のヘアケア(Sponsored)