GATTA(ガッタ) > Hair > ちょっとのコツで見違える!ショートヘアの「ぺたんこ解消」スタイリング術
hair

ちょっとのコツで見違える!ショートヘアの「ぺたんこ解消」スタイリング術

2019.04.04 21:00

ショートヘアといえば、“ふんわり柔らかい”イメージがありませんか。でも、美容師のナカイヒロキさんによると、「ショートヘアをスタイリングするとき、どうしてもペタンコになってしまう……」と相談されることが多いそう。ショートヘアでペタンコになると重たく見えたり、野暮ったくなってしまったりすることも……。

そこで今回は、ナカイさんにペタンコにならずに、“ふんわり柔らかく”仕上げるにちょっとしたスタイリングのコツを教えてもらいしました。

そのほかの#ショートヘア 記事もチェック!

 

ショートヘアをふんわり仕上げる3ステップ

ステップ1:髪を乾かす前にスタイリングムースを使う

ショートヘアでふんわり仕上げるにはベースづくりがとても大切です。スタイリングのベースをつくるのにおすすめなのが“ムース状”のスタイリング剤。

髪が濡れている状態で、スタイリングムースを髪の根元に揉み込んでドライヤーで乾かします。スタイリングムースを髪の根元に揉み込んでおくことで、根元の立ち上がりをキープしやすいです。

ちなみに、スタイリングムースを揉み込んでから髪を乾かすときは、一定方向ではなく左右に向かって乾かすのがポイントですよ。

 

ステップ2:毛先をアイロンでワンカール巻く

髪を乾かした後は、アイロンを使ってスタイリングするのがおすすめ。アイロンを使うことで、カットだけでは出せないボリューム感や動きを簡単につくれます。

巻くときのポイントは、毛先をワンカールで巻いていくこと。ワンカールを重ねることで、ボリュームが出てふんわり仕上がります。

毛先を巻くだけで動きやボリュームが出やすいように、カットの際にレイヤーを入れて段差をつけておくこともポイントです。美容師さんにお願いする時に、ぜひレイヤーを入れてもらうようにしましょう!

 

ステップ3:髪の根元からワックスを揉み込む

最後の仕上げである、ワックスの使い方にもコツがあります。ワックスを使うときに髪の表面につけていませんか? 実は、髪の表面からワックスを使うと、重たくてペタンコになりやすいのです!

ふんわりボリューム感を出すなら、“髪の根元”から擦るように揉みこみましょう。そうすることで、髪の根元からふんわりと立体感のあるヘアスタイルに仕上がります。

髪の根元にワックスがついていることで、ボリュームもキープすることが可能です。

 

ショートヘアは乾かすだけで形になりますが、おしゃれにみせるにはスタイリングが必須です。特にトップのふんわり感があるか無いかで印象は全然違います。

ぜひ今回ご紹介した髪の乾かし方・アイロンの巻き方・ワックスの使い方を参考に、スタイリングしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

時短でできる「ショートヘア」スタイリング方法

美容師が教える「セルフ前髪カット」のコツ

美容師おすすめ2019年最旬「ボブスタイル」3選

30代女性の「差がつく」大人のヘアケア(Sponsored)