GATTA(ガッタ) > Beauty > トレンドはワンカラー!「抜け感がある」アイメイクの基本を伝授
beauty

トレンドはワンカラー!「抜け感がある」アイメイクの基本を伝授

2017.11.16 21:00

印象がガラリと変わるメイクアイテムのうちの1つがアイシャドウ。4色パレットや2色パレットと様々なタイプがありますが、一歩間違えると時代遅れのメイクになってしまう場合も。変化していくトレンドをおさえて、‘‘抜け感のあるメイク”に仕上げる基本のテクニックを、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

今年のトレンドはワンカラー

今っぽメイクの基本は‘‘ワンカラー”。アイシャドウのパレットの全てを使うのではなく、お顔の中に入れるカラーは多くても2色までにしましょう。たったそれだけでぐんっと今っぽさがアップするのです!

ブラウンならブラウン、今年の秋冬トレンドのバーガンディを取り入れるならバーガンディ、と決めてしまいましょう。

 

グラデは大胆にアイホール全体を意識

出典:https://gatta-media.com

アイシャドウといえば、キレイなグラデーションですよね。まずメインとなるカラーを目のキワのみ、もしくは二重幅より少し広めにのせていきます。そこからアイホール全体を覆うようにグラデーションをつけていくのが基本。

ちなみに、アイホールとは目を閉じてまぶたを触った時に目玉が位置する部分。「そんな広い範囲に大胆にアイシャドウを広げるのはちょっと……」と思う方も多いかもしれませんが、外側に向かって薄くしていけば、このくらい広範囲でもちょうどいい具合に仕上がります。

 

アイシャドウで囲み目

出典:https://gatta-media.com

囲み目をアイラインでしてしまうと少し印象がキツすぎるかな、と感じる方も多いかと思いますが、ワンカラーメイクの場合はアイシャドウで囲み目をするとオシャレさがアップします。

ちょっと抵抗があるという方は目尻側だけにすると挑戦しやすいでしょう。下まぶたは黒目の中心くらいまでを囲む程度なら、ナチュラルな仕上がりなるので初めての方にもおすすめです。

さらに、時間が経ってもにじみにくく、ほどよい陰影がつくのが魅力。今年注目されているアイクレヨンなどは、テクニックいらずでキレイなグラデーションが作れてメイク崩れも気になりません。

 

トレンドコスメといえば必ず店頭にならぶアイシャドウ。だけど実際上手に使いこなすのは難しいという方も多いですよね。トレンドメイクをおさえながら、テクニックいらずの今っぽいワンカラーメイクに挑戦してみてください。

 

【関連記事】

※印象を変幻自在に操って。ひと塗りで仕上がる秋冬おすすめリップ

※トレンドアイテムは1つでOK。秋のシーン別フルメイク3パターン

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」