GATTA(ガッタ) > Beauty > その違いはベースにあり!美容家が教える「ヨレない」メイクの作り方
beauty

その違いはベースにあり!美容家が教える「ヨレない」メイクの作り方

2017.11.09 21:00
出典:https://gatta-media.com

時間が経っても崩れしらずのメイクを目指すならベースメイクの作り方が大切。難しそうに感じるかもしれませんが、実はアイテム選びとちょっとした技を使うだけ!

そこで今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、“ヨレないベースメイク術”をご紹介します。

 

ヨレの原因を徹底的にカバーする

メイク前はナイトケア以上に“保湿”が重要なんです。なぜなら時間が経ってメイク崩れが起こる原因のひとつは乾燥だから。

乾燥は粉吹き肌になったり、乾燥を補おうと過剰な皮脂分泌によりテカり肌になってしまったりします。だから、メイクのヨレを防ぐなら、しっかりメイク前に保湿をしましょう。

ただ、しっかり保湿といえども、メイク前のスキンケアはシンプルに。メイクアップアイテムには油分が多く含まれているので、化粧水とクリームくらいで十分です。化粧水を何度も重ね付けし、クリームで素早くフタをするシンプルケアでメイクのヨレを防ぐ土台づくりを。

 

ティッシュオフ→高保湿下地で下準備

出典:https://gatta-media.com

しっかりスキンケアをしたら、余計な油分を取りのぞくためのティッシュオフを忘れずに。お顔全体にティッシュをのせて軽く押さえるだけでOKです。

そのあと高保湿の下地をのせていきます。下地をのばすときも、擦らずやさしくお肌の上を滑らせるように広げていきましょう。

 

美肌キープにはリキッドファンデが〇

クッションファンデなど便利でカバー力の高いアイテムもありますが、ヨレを防いで美肌メイクをキープするなら筆者は水分が多い“リキッドファンデ”がおすすめ。

お顔の中心から外側に向かって、触れるか触れないかくらいのソフトタッチで広げていきます。なるべく必要以上に多く肌にのせないようにしましょう。力加減がちょっと難しいと感じるならメイク筆を使ってもOKです。

 

フィニッシングブラシでツヤ肌に

出典:https://gatta-media.com

頬の高い位置やフェイスラインなど、気になる部分だけプレストタイプのファンデーションやお粉で肌を整えます。そして大切な最後の仕上げ作業“フィニッシングブラシ”で余計なお粉を払いましょう。このひと手間が自然なツヤ肌をつくり、メイク崩れをしない美肌メイクを持続させるカギになりますよ。

 

メイクの手順は同じでも、ほんのひと手間を加えるだけでメイクのヨレを防ぐことができます。特別なアイテムを使わなくても誰でも簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 冬でもうるツヤ肌をキープ!プロが教える時短ベースメイクとは

※ 意外と見落としがち!大人こそ復習しておきたいスキンケアの基本のキ

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」