GATTA(ガッタ) > Beauty > 今さら聞けない!? プロが教える正しい保湿マスクの使い方
beauty

今さら聞けない!? プロが教える正しい保湿マスクの使い方

2017.10.23 21:00

スペシャルケアとして一般的に使われるアイテム“保湿マスク”。ただお顔にのせればOKと、まさかそんなもったいない使い方をしていませんか? もしそうだとしたらちょっと損をしていたかも……。正しく使うことでより効果アップも期待できます。

そこで今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、正しい保湿マスクの使い方をご紹介します。

 

忘れがち!? マスク前のプレケア

意外と多いのが洗顔後、何もせずにシートマスクをお肌にのせているというパターン。まずは化粧水でお肌を整えてからシートマスクをのせるのが、美肌のプロの中ではもはや常識。スペシャルケアをする前にお肌の準備をしてあげることが重要なんです。

また、シートマスクの目元や口元にある穴の部分は、化粧水をつけて保湿しないと部分的に乾燥してしまいます。それを防ぐためにもまずは化粧水をつけてからシートマスクをのせるようにしましょう。

 

早めにマスクを外すのがマスト

せっかくシートマスクを使って保湿するんだから、早めに外すなんてもったいない!という声が聞こえてきそうですが、そこは気持ちを抑えて早めの取り外すことをおすすめします。その理由は、マスクが乾くまでお肌にのせてしまうと、かえって乾燥をまねいてしまうから。

どんなに保湿効果が高いマスクを使用しても、逆効果になってしまったらもったいないですよね。マスクの効果をよりアップさせたいなら時間でなく、シートマスクの上から乳液を塗ったり、ラップで蒸発を防ぐなどのテクニックを駆使してみて。

 

保湿を逃がさないための素早いフタ

シートマスクをしてお肌が潤った!と安心していてはダメ。シートマスクを外した後にお肌に残された美容液をしっかりハンドプレスでお肌に押し込みましょう。

その後は素早くクリームなどでフタをすること。潤いを逃がさないためにはこのステップは必ず行うようにしてください。マスクをつける前のプレケアからマスクを外したアフターケアまで気を抜かないのが美肌への道ですよ。

 

保湿マスクなどのアイテムを使ったとしても、使い方次第で効果は変わるもの。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【画像】

※ Makistock / shutterstock

【関連記事】

乾燥対策のカギはクレンジングにあり?美肌さん注目の最新アイテムとは

お疲れ顔もスッキリ!今日からできるお風呂タイムを使った目元ケア

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」