GATTA(ガッタ) > Leisure > 人生で一度は必ず行きたい!天国のような「憧れ絶景ビーチ」3選
leisure

人生で一度は必ず行きたい!天国のような「憧れ絶景ビーチ」3選

2019.03.25 20:00

死ぬまでに行きたい国や場所はありますか? 建築美に魅了されるヨーロッパ、おいしいグルメを堪能するアジア……など旅の目的はそれぞれだと思います。

そこで今回は、絶対に一度は行ってほしい天国のような絶景ビーチを3つご紹介します。「なんて美しいんだろう!」と目の前の色彩の美しさに心奪われること間違いなしのビーチを、ぜひ行きたいリストに追加してください。

#海外旅行 記事もチェック!

 

1:イルカやクジラに会える「バイロンベイ」

オーストラリアの最東端に位置する『バイロンベイ』は、豊かな自然とさまざまな地形に恵まれたビーチ天国。もともとサーファーの間では最高の波が立つサーフポイントとして有名な場所でしたが、そのビーチの美しさに人気は年々高まるばかり。

現在はオーストラリアでもナンバーワンの人気を誇る憧れのビーチタウンとなり、世界中のセレブからも注目を集める存在に。

クジラやイルカたちもこのバイロンベイが大のお気に入りで、自然や地球のエネルギーを感じられる場所として有名です。

バイロン散策は、メインビーチとなる『バイロンビーチ』、バイロンベイのランドマークである灯台の下に位置する『ワテゴスビーチ』、そして岬から南へ続く『タロウビーチ』と、とりあえずこの3つのビーチ巡りから始めてみてください。

ブリスベーンから車で2時間、ゴールドコーストの少し南なので日本からのアクセスもよく、一度は足を伸ばしてみてほしい場所です。

 

2:手つかずの大自然!最後の秘境「エル・ニド」

西大西洋に浮かぶ美しい島々が魅惑のフィリピン。そんなフィリピンで“最後の秘境”といわれるのが『エル・ニド』。フィリピン南西部に浮かぶパワラン島北部に位置する小さな町で、町全体に電気が通ったのもわずか数年前のことと聞けば“最後の秘境”の呼ばれるのも納得です。

カルスト状の崖が切り立つ島々が集まったバキット諸島への玄関口となる町で、『エル・ニド』の旅ではこのバキット諸島の島々をアイランドホッピングするのが定番です。

なかでも『エル・ニド』ならではといえるのが、海水と淡水がまじわる神秘的な『カドラオラグーン』。切り立つ崖に囲まれた入江に突如現れる桃源郷のような場所で、ツアー客であふれるビックラグーンやスモールラグーンと異なりまったく人影もありません。

エル・ニドをはじめとしたバキット諸島は、ほとんどがまだ手づかずの大自然のままの場所。海最後の秘境といわれる所以をぜひその目で確かめてみて!

 

3:インド洋に浮かぶ真珠「セーシェル」

東アフリカ沖のインド洋に浮かぶ大小115の諸島からなる『セーシェル』。美しい海に加え、色濃いクレオール文化が魅惑のリゾートアイランドとして、世界中のセレブからも支持を得ています。

旅の玄関口となる首都ビクトリアのある『マヘ島』を中心に、二番目に大きな島である『プララン島』、のどかな雰囲気がすてきな『ラ・ディーグ島』、野鳥の楽園として知られる『バード島』など見どころはたくさん。

ラ・ディーグ島の『アンセ・ソール・ジャルダン』こそ最もセーシェルらしく、そしてセーシェルを象徴するビーチではないでしょうか。

やわらかい真っ白な砂に大きな花崗岩玉石が入り組んで連なるビーチは、実にフォトジェニック。花崗岩が間仕切りとなって自然にプライベート空間を作り出すので、恋人たちにとってはうってつけなロマンティックビーチといえます。

リゾートが充実しているので、いくつかの島とリゾートめぐりを楽しむのがおすすめです。

 

もうすぐやってくる大型連休はもちろんのこと、夏休みや冬休みを利用して、まだ見ぬ美しいビーチへの旅を計画してみては?

【おすすめ記事】

旅行初心者にオススメ海外旅行先3選

「5万円台」で行けるあったか海外スポット

一泊二日でいけるお手軽海外旅行先3つ

輝く3人の女性が見つけた「私らしさ」(Sponsored)

【画像】

※Darren Tierney、 RugliG、 Pete Niesen、 Alena Ozerova、 ERainbow、Marcella Miriello、 Bernard Dacier 、 Jenny Sturm / Shutterstock

フリーランス編集ライター
東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノ全般、ロハスやインテリアネタなどを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

From小林繭・・・
「日本人って、ついついまわりの人やつくられた社会の枠組みを気にしすぎだと思うのでもっと自分自身の感覚に自由でよいのではないでしょうか。社会からはみ出ているように思えたとしても地球というサイズで見てみれば、ぜんぜんです。
“自分らしさ”という言葉にも必要以上にしばられないで。自分だって日々どんどん変わっていくもの。生きることは生きていくことでしか学べないので自分らしさに固定観念を持たず、そのときに自分が感じることを大切にしていって欲しいです。
そんな日々の毎日を楽しくするヒントを『GATTA』を通して発信していけたらと思っています。」